KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2006.11.27

12月10日の新京成線の千葉線乗り入れ開始に関して、日中の千葉方面ホームとなる5番線の案内表示類の千葉方面直通対応化が進められている。

▼案内表示

▲上:準備中だが透け透け幕張本郷 下:透け透け千葉方面

千葉方面の案内が入ったものに交換されつつある。千葉行の列車が発車するのは5番線のみなので、5番線の案内類が主な交換対象になっている。具体的には、幕張本郷の入った駅名票は5番線側のみで、6番線側は従来の行き止まりの駅名標となっている。

▼案内装置

▲千葉方面の案内装置を追設

5番線・6番線ともにホーム上のLED案内装置が交換されたほか、階段を上がったところには千葉方面の発車案内を表示するLED式の案内装置が追設された。

▼試運転
新京成車の千葉線内試運転が引き続き行なわれているようであり、これまでとは異なる試運転用のスジと思われる「11F」を用いて運転される8800形が見られた。新京成車の千葉線内の試運転姿を撮り逃している方はまだまだチャンスありなのかも?!

未分類駅施設