Sound

サウンド

JR東日本203系JR東日本203系は1982年に登場した車両です。営団地下鉄千代田線直通用として国鉄が製造したもので、それまで走っていた103系1000番台を置換えました。足回りは201系をベースにしたもので、電機子チョッパ制御となっています。編成におけるMT比率は201系と同じ6M4Tですが、歯車比を大きくして地下鉄走行に必要な高い加速力を実現しました。車体はアルミニウム製で、203系オリジナルのデザインが採用されました。10両編成17本が松戸車両センターに在籍していましたが、2010年よりE233系2000番台への置換えがスタート、置換えは比較的ゆっくり進行していましたが、2011年9月に最後まで残ったマト55編成が営業運転を終了し、203系は形式消滅しました。一部の編成はインドネシアやフィリピンに譲渡されており、活躍の場を海外に移しています。


JR東日本203系モハ203-7 北柏→柏

JR東日本203系モハ203-7 新松戸→馬橋

JR東日本203系モハ203-12 松戸→金町

足回りは基本的に201系と同じなので、走行音は201系そのものです。ハニカム構造が採用された軽量ドアのガタつきや、全体の軋み音から国鉄型車両の雰囲気が感じられますが、ともかくやかましい車両です。

JR東日本203系モハ203-104 柏→南柏

JR東日本203系モハ203-104 北小金→新松戸

1985年に製造された90両は、台車が205系で採用されたボルスタレスのものに変更されるなどして、100番台に区分されました。ただし制御装置等は0番台と同じなので、走行音ついては特に差異がありません。

【電機子チョッパ制御】 Update 2013.01.26 / Release 2013.01.26
タグ:JR東日本 過去帳