Sound

サウンド

新京成8800形新京成8800形(6両編成)新京成8800形は1986年に登場した車両です。制御装置に三菱電機製のVVVFインバータ(1C4M)を採用、1500V用としては日本で初めてVVVFインバータ制御が実用化された鉄道車両です。1991年までに8連12本が製造されましたが、2006年と2011年から2014年にかけて6連化改造が実施され、現在は6連16本が在籍しています。6連化改造と同時に車番が整理され、ハイフン付のものになりました。一部の編成は京成線への直通に対応しており、千葉線内でも8800形を見ることができます。また、過去には一部の編成が北総・公団線に乗入れていました。


新京成8800形モハ8838 薬園台→前原

新京成8800形モハ8822 滝不動→三咲

新造当初は軽やかな音が小刻みに変調していくといった初期のVVVFインバータ制御車らしい音でしたが、後年の純電気ブレーキ化に伴うVVVFのプログラム変更で非常に重苦しいものに変わっています。この音の変化は、同じく三菱電機製のVVVFを採用し、後年純電気ブレーキとなった小田急1000形にも見られるものです。

新京成8800形モハ8803-2 幕張本郷→幕張

新京成8800形モハ8803-2 稲毛→みどり台

京成線内の走行音です。京成千葉線との直通運転が決まった当時、8800形は8連のみの在籍でしたから、まさかこの音が京成線内でも聞けるようになるとは思いもしませんでした。カーブだらけの新京成線内とは異なり、線形の良い区間も存在する京成線内を気持ちよく走ります。

関連項目

【三菱電機 GTO-VVVF】 Update 2011.05.01 / Release 2011.05.01
タグ:新京成電鉄