Sound

サウンド

JR東日本209系1000番台JR東日本209系1000番台は1999年12月4日に営業運転を開始した通勤型車両です。常磐緩行線・東京メトロ千代田線直通の増発用として製造されました。10両編成2本が松戸車両センターに配置されています。地下鉄を走行するため前面には貫通扉が設けられ、0番台、500番台とは異なるデザインとなりました。また、MT比率は編成で6M4Tとなっており、3.3km/hの高い加速度を実現しています。制御装置は0番台・500番台と同じ三菱電機製のVVVFインバータ(GTO素子、1C4M×2群)です。運用はE233系2000番台と共通で、運用範囲は取手から千代田線代々木上原までとなっています。常磐緩行線では2011年までに203系と207系が引退しましたが、この209系1000番台はE233系2000番台の置換え対象になっておらず、今後も長い活躍が見られそうです。


JR東日本209系モハ209-1005 柏→南柏

JR東日本209系モハ209-1005 新松戸→馬橋

JR東日本209系モハ208-1005 金町→松戸

JR東日本209系モハ208-1005 新御茶ノ水→湯島

高い加速度とともにVVVFの音がめまぐるしく変調していきます。2015年現在も自動放送には対応していないようです。

【三菱電機 GTO-VVVF】 Update 2012.02.11 / Release 2012.02.11
タグ:JR東日本