Sound

サウンド

JR東日本E235系JR東日本E235系は2015年に登場した通勤型車両です。E231系、E233系に続く次世代の車両として開発され、様々な新機軸が盛り込まれた意欲的な新型車両となりました。車体は東急車輛と総合車両製作所が共同で開発した新しい構体であるSustinaが採用され、雨樋が露出しないスッキリとした外観となったほか、ラインカラーの入れ方も新しくなっています。ユニット構成は各電動車に制御装置を搭載した独立M車方式となり、従来の2両ユニット方式から大きく変わりました。現在、先行量産車である11両編成1本(東トウ01編成)のみが製造され、11月30日より山手線の営業運転に入っています。東トウ01編成は先行量産車ということで、VVVFインバーターは三菱電機製と東芝製のものを試用しているようです。いずれも次世代の半導体素子であるSiC(炭化ケイ素)素子が採用(三菱電機製はフルSiC、東芝製はハイブリッドSiC)され、走行時における消費電力の抑制に大きく寄与しています。ここでは三菱電機製VVVFの走行音を扱います。


JR東日本E235系モハE235-1 目黒→恵比寿

JR東日本E235系モハE235-1 新大久保→高田馬場

JR東日本E235系モハE235-1 大塚→巣鴨

JR東日本E235系モハE235-1 駒込→田端

2015年11月30日、営業運転1本目となった山手線外回り1543Gにタイミングよく乗車することができました。上記の音声ファイルはいずれも同列車で収録したものです。駒込〜田端間にて車掌よりE235系本日デビューの旨の放送が入りました。

【三菱電機 SiC-VVVF】 Update 2015.12.02 / Release 2015.12.02
タグ:JR東日本