Sound

サウンド

京急600形京急600形(KEIKYU BLUE SKY TRAIN)京急600形は1994年に登場した通勤型車両です。足回りは台車を除いて1500形1700番台とほぼ同一ですが、車体のデザインが一新され、伝統のアンチクライマを廃した前面は2100形を経て新1000形のステンレス車まで続く現在の京急標準デザインとなりました。その室内も地下鉄直通用の車両としては画期的なオールクロスシートを採用、着席人数と立席スペースを調節するための可動式の座席は"ツイングルシート"と呼ばれました。残念ながら後年になってクロスシートは一部を除いてロングシートに改造されてしまいましたが、新しい時代の通勤電車のあり方を提唱した車両でありました。1500形1700番台と同じく三菱電機製のVVVFと東洋電機製のVVVFを搭載した車両がありますが、ここでは東洋電機製VVVF車の走行音を扱います。


京急600形デハ603-1 松飛台→東松戸

京急600形デハ603-1 矢切→新柴又

1〜3次車の走行音です。601、603、605、606の4編成が該当します。東洋電機製GTO-VVVFの標準的な音ですが、直通先の京成3700形と比較すると、音が柔らかい感じがします。

京急600形デハ601-8 大久保→実籾

京急600形デハ601-8 勝田台→志津

やや古い走行音。京成線を走る快速佐倉行で収録したものです。

京急600形デハ606-2 勝田台→大和田

2002年9月に収録した、表題の606編成がまだ赤かった頃の走行音です。京成本線に今は亡き羽田空港行の急行で「船橋競馬場まで各駅に停まります」という少し懐かしい案内がなされます。

京急600形デハ608-1 うすい→ユーカリが丘

4次車の走行音です。651、652および654〜656編成が該当します。600形4次車では走行機器類の大幅なモデルチェンジが行なわれ、VVVFインバータが1C4Mに、MT比率1:1で編成が組まれるようになりました。そのため、VVVFの変調音、特に変調のタイミングが3次車以前と異なっています。音声ファイルの608編成はもともと浦賀方の4両が東洋電機製のVVVFでしたが、651編成と足回りを交換する形で現在は三菱電機製のものとなっています。

関連項目

【東洋電機 GTO-VVVF】 Update 2011.09.22 / Release 2011.09.22
タグ:京急