KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2002.10.30

10月27日、芝山鉄道に所属する3600形3618編成が営業運転を開始した。

C00826.jpg

芝山鉄道3600形 3618編成
2002.10.30/うすい〜佐倉

▲正面右下に開業祝いのヘッドマークを掲出

芝山鉄道の開業日に合わせての運用開始となっている。芝山鉄道線の開業を祝うヘッドマークが掲出されての運用入りとなった。ヘッドマークの掲出は、中央の貫通扉には種別幕があるために、正面右側のヘッドライトの下というやや変わった位置である。いつまで掲示されるかは不明。

なお、芝山鉄道開業日の10月27日は、3600形が可能な芝山行8連一番列車のA09に充当という配慮がなされている(真の8連芝山行一番列車は55Kだが、折返しが羽田空港行なので3600形は充当不可)。翌日以降は特に決まった運用はなく、京成所属の3600形と区別なく使われている。10月30日時点で朝の通勤特急充当や都営浅草線への入線は既に済ませているが、他の3600形同様に京急線へは行っていない。

余談ながら、芝山鉄道線の開業告知ポスターに掲載されていた"ウソ電"3618編成は運番の表示がA09になっていたが、これは初日の充当予告だったと言える???

関連記事

芝山鉄道3500形 京成金町線を走る

京成金町線を走る3500形。一見すると何ら変哲のないごく普通の日常のように映るけれども、よく見たら番号が3540だし、車体の側面には緑色のプレートと成田空港の広告がチラチラ見えとるし...

芝山鉄道3500形 京成金町線を走る
芝山鉄道3500形 京成カラーのままで全検出場

芝山鉄道カラー、消ゆ。3月3日、3500形3540編成が宗吾工場を出場、八千代台〜芝山千代田間で試運転を行なった。今回の検査でついに緑と赤の芝山カラーの3500形が登場かと思われたところ、従前の...

芝山鉄道3500形 京成カラーのままで全検出場
芝山鉄道3500形「成田空港開港35周年記念」広告電車

芝山鉄道所属の3540編成が成田空港一色に。2013年5月中旬より、芝山鉄道所属の3540編成が「成田空港開港35周年記念」の広告電車となっている。2013年5月20日に開港35周年を迎えた...

芝山鉄道3500形「成田空港開港35周年記念」広告電車
京成3600形3618編成 全検出場、京成カラーに復帰

京成3600形3618編成、ようやく京成カラーに復帰。12月27日、京成3600形3618編成が宗吾工場を出場、試運転を行なった。全検出場となっている。3618編成は2002年より芝山鉄道所属...

京成3600形3618編成 全検出場、京成カラーに復帰
芝山鉄道3500形 登場

芝山鉄道による壮大なエイプリルフールネタである(違) 芝山鉄道の3月29日付けのプレスリリースの通り、4月1日をもって芝山鉄道の所属車両が変更となった。京成3500形3540編成が芝山鉄道...

芝山鉄道3500形 登場

芝山鉄道新線開業