KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2005.03.12

3月9日、京成AE100形を使用した貸切列車「ヨンハライナー」が運転された。

F01654.jpg
▲パク・ヨンハさんとファンを乗せて上野へ向かう「ヨンハライナー」

韓国の歌手パク・ヨンハさんの所属事務所が日本のファンに向けたイベントで、「日本ゴールド・ディスク大賞」の「ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー」受賞のために来日したパク・ヨンハさんとファンが一緒に成田空港から上野までを移動する列車として企画された。この列車に乗車できたのは、成田空港でパク・ヨンハさんを出迎えた人のうち、抽選によって当選した300名。車内では、トークショーなどのイベントが催された。

「ヨンハライナー」は15:30頃成田空港駅を出発、営業列車の合間を縫った上に、途中の市川真間で後続の「特急」と「スカイライナー」に追い抜かれ、上野駅には17:10頃に到着した。そのため、成田空港~上野間の運転時間は1時間40分に及んでいるが、その分車内のイベントは充実したものになったのではないかと思われる。

車両はAE-138編成が使用され、先頭車両にヘッドマーク(ステッカー)が貼り付けられた。

F01642.jpg
▲送り込み、パク・ヨンハさんとファンが待つ成田空港へ