KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2005.11.20

虹を纏った「KEIKYU BLUE SKY TRAIN」が登場。

F02478.jpg

京急600形 606編成
2005.11.12/大佐倉〜酒々井

▲虹のラッピングが施された「KEIKYU BLUE SKY TRAIN」

京急では11月16日に羽田空港駅が開業7周年となることから、記念プロジェクトとして「京急虹計画」という企画を始動した。 この一環として、プロジェクトロゴである虹を606編成「KEIKYU BLUE SKY TRAIN」の車体に装飾し、11月1日より「レインボートレイン」として運行させている。 11月17日よりもう1本の「KEIKYU BLUE SKY TRAIN」2157編成にも虹の装飾が施され、2本の「レインボートレイン」が走っている。

車内広告もプロジェクトの一環である、「7つの都市」の観光をPRする広告でジャックされた。 広告ジャックは1両につき1つの都市が割り当てられ、品川方の車両より、沖縄、鹿児島、長崎、香川、広島、石川、富山、そして総合広告、となっている。

最新記事

新京成8800形 機器非更新のリニューアル車が出現

新京成8800形に新たな形態が出現。新京成8800形で2016年度より進められている車体のリニューアル工事について、異変が生じている。8800形のリニューアル工事は、VVVFインバーター装置の...

新京成8800形 機器非更新のリニューアル車が出現
京成3400形 3418編成に残る「北総・公団線」表示

京成3400形に残る「北総・公団線」表記。京成高砂から東松戸、新鎌ヶ谷を抜けて千葉ニュータウンに至る北総線は、かつて北総・公団線と言っていた。千葉ニュータウン内の鉄道整備において、諸々の事情から...

京成3400形 3418編成に残る「北総・公団線」表示
京成3000形 「パンダ来日50周年記念」ヘッドマーク

パンダが日本に来てから半世紀。京成電鉄では、10月下旬から12月末まで3000形に「パンダ来日50周年記念」ヘッドマークの掲出を行った。1972年10月に日本で初めてジャイアントパンダ「カンカン...

京成3000形 「パンダ来日50周年記念」ヘッドマーク
新京成電鉄 新年ヘッドマーク(2023年)

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。新京成電鉄では、今年も毎年恒例の新年ヘッドマークの掲出を行っている。今年で15年目となるヘッドマークの干支は「卯」。新年...

新京成電鉄 新年ヘッドマーク(2023年)
京成3500形 走り続けて50周年

走り続けて半世紀。京成電鉄における最古参の車両として走る3500形。そんな3500形は2022年12月、めでたくデビュー50周年を迎えた。1972年12月26日に竣工(入籍)した3504編成...

京成3500形 走り続けて50周年