KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2006.02.21

祝・北総7500形、営業運転開始。

N00330.jpg

北総7500形 7501編成
2006.2.20/四ツ木〜立石

▲デビュー一発目の特急充当!

2月20日、予定通り北総7500形が営業運転を開始した。33N運行に入り、印旛車両基地からの回送出庫の後、732N特急西馬込行に充当。いきなり北総車唯一の特急列車を担当するという鮮烈なデビューを飾った。

東急車輛出場、試運転、試乗会・・・と、7500形が走る日はことごとく天気が崩れているが、例に漏れず営業運転開始の20日も雨。何とも天候に恵まれない編成だこと・・・。上の画像は、一発目の特急732N列車を押上線内で捕らえたものである。732N列車だけは晴天の下を走った。おかげでド逆光だったのだが・・・。

N00342.jpg

北総7500形 7501編成
2006.2.20/曳舟〜八広

▲京成3000形では見られない印旛日本医大行

以前にも書いたように、7500形は京成3000形の色違いということなのだが、3000形では表示することの無い北総線の行先「印西牧の原」や「印旛日本医大」の表示には新鮮味を感じられる。 現在、車内には「ぼくのわたしの北総線」と題して、沿線の幼稚園児・保育園児が描いた絵が中吊りなどに展示されている。朝日新聞によると、約500枚もの作品があるとのことだ。

また、車内は3000形そのもので、感覚としては3000形に乗って北総線を走るという感じので、始めのうちは違和感があるかもしれない(笑

最新記事

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化
京急600形 大師線を走る

京急大師線の新たな日常風景。京急電鉄では2020年度よりL/C座席を装備した新型車両1000形1890番台を導入し、1500形4両編成を置き換えているところである。1500形はこれまでに...

京急600形 大師線を走る

北総鉄道新型車両