KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2006.03.13

例の新車に乗ってみようと、今日はバスを使って帰宅。

▲待機中の新車2台。
左の車両は「標準ステッカー」が貼ってあるのに右の車両には無い・・・?

やはり従来使っていた中型より車長が長いようで、交差点では普段より大回りで入って目一杯ハンドルを切っていた。佐倉市に入ってすぐ、鋭角を曲がる交差点があるのだが、従来の中型でさえ鬼のようにハンドル切って曲がってたのに、それよりさらに大回りして、もうギリギリ~といった感じだった。今回乗車したのは午後の閑散時間帯だったこともあり割とスムーズに通過できたが、ラッシュ時にはかなり混雑する交差点なので大丈夫だろうか。

あと、従来の運賃表に代わって液晶モニターがあったのが驚き。最近のバスは液晶モニターがスタンダードなのだろうか。営業の口車に乗せられて無理やりオプションを付け(させられ)たようにしか思えないのだが(笑 液晶よりPASMO加盟を頼む~

◆ ◆ ◆

☆おまけ☆

▲ボロ。
この型で四角いライト、横にスライドする側窓etc、かなりマニアックな仕様らしい。

最新記事

京成3500形 デジタルSR無線対応工事始まる

列車無線のデジタル化に新しい動き。2017年度より列車無線の更新を実施している京成電鉄。4月には新しい無線となるデジタルSR無線の運用が始まったところである。車両に対する改造工事は3000形や...

京成3500形 デジタルSR無線対応工事始まる
京成電鉄「2021年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

11月4日、京成電鉄は2021年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。例年は5月中旬頃に発表されている京成の鉄道事業設備投資計画だが、今年度も昨年度に...

京成電鉄「2021年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京成3100形3155編成・3156編成 登場

9月下旬より、京成3100形の3次車にあたる3155編成と3156編成がお目見えしている。3次車の特徴と営業運転開始までの動きをまとめておこう。京成電鉄では、2021年度の新造車として3100形...

京成3100形3155編成・3156編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 成田スカイアクセス線仕様のまま本線転用

京成3050形に異変。9月下旬より今年度新造の3100形が営業運転を開始したのに伴い、3050形が成田スカイアクセス線から京成本線に転用されている。3156編成の導入により3054編成が10月...

京成3050形3054編成・3055編成 成田スカイアクセス線仕様のまま本線転用
京成3500形3520編成 営業運転終了

京成3500形に廃車が発生。3100形3155編成の導入に伴い、車両に動きが生じている。3500形3520編成が11日の(B21→)05運行をもって営業運転を離脱。いっしょに編成を組んでいた...

京成3500形3520編成 営業運転終了

東洋バスタグはありません