KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2006.03.15

これから4月にかけて掲出される北総のヘッドマーク2種である。

▼北総春まつり
毎年恒例のイベント。今年は公式HPで掲出の車種が予告されているのでちょっとだけ安心。それによると、車種は7000形、7300形、9000形、9100形の4形式10編成。9100形×3・9000形×2はおそらく確定なのだが、7000形×3・7300形×2、あるいは、7000形×2・7300形×3なのかは微妙。最近7002編成が廃車の予兆なのか運用に入ってないっぽいので、後者だろうか。新鋭7500形に掲出しないのは意外。

ちなみに、昨年は撮りそびれてしまった。撮りに行ったら、すでに掲出期間が終了してたというオチ(苦笑)

▼4社局直通運転15周年
このテの企画で、浅草線系統の直通各社局が同じヘッドマークを出すというのは珍しいかもしれない。これについては、北総車12編成・その他社局5編成に掲出という予告がされている。北総は全編成だからいいとして、都営の5編成も5300形が少なくとも4本掲出するからいいとして、京成は地元だからいいとして、しかし京急の5編成というのはどうにもキツイ・・・。

明日から4月中旬にかけて他の用事で忙しくなるから時間があまり取れそうにないのだが、はたして上記のヘッドマーク電車群は撮られるだろうか。

最新記事

京成3500形 デジタルSR無線対応工事始まる

列車無線のデジタル化に新しい動き。2017年度より列車無線の更新を実施している京成電鉄。4月には新しい無線となるデジタルSR無線の運用が始まったところである。車両に対する改造工事は3000形や...

京成3500形 デジタルSR無線対応工事始まる
京成電鉄「2021年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

11月4日、京成電鉄は2021年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。例年は5月中旬頃に発表されている京成の鉄道事業設備投資計画だが、今年度も昨年度に...

京成電鉄「2021年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京成3100形3155編成・3156編成 登場

9月下旬より、京成3100形の3次車にあたる3155編成と3156編成がお目見えしている。3次車の特徴と営業運転開始までの動きをまとめておこう。京成電鉄では、2021年度の新造車として3100形...

京成3100形3155編成・3156編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 成田スカイアクセス線仕様のまま本線転用

京成3050形に異変。9月下旬より今年度新造の3100形が営業運転を開始したのに伴い、3050形が成田スカイアクセス線から京成本線に転用されている。3156編成の導入により3054編成が10月...

京成3050形3054編成・3055編成 成田スカイアクセス線仕様のまま本線転用
京成3500形3520編成 営業運転終了

京成3500形に廃車が発生。3100形3155編成の導入に伴い、車両に動きが生じている。3500形3520編成が11日の(B21→)05運行をもって営業運転を離脱。いっしょに編成を組んでいた...

京成3500形3520編成 営業運転終了

北総鉄道タグはありません