KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2006.04.01

N00891.jpg

1991年の3月31日に北総開発鉄道の相互乗り入れが開始され、京成・都営・京急・北総の四社局の直通運転が今年で15周年になったのを記念して、一部車両にヘッドマークが掲出された。ヘッドマークは北総車は全編成の他、京成、都営、京急は5編成に掲出されているが、京成は主に3700形、都営は5300形、京急は600形のようである。

ヘッドマークは、春ということもあり桜がデザインされたピンク色のもの。乗務員室内から吸盤によって簡単に取り付けられるようになっている。概ね貫通扉の窓ガラスに掲出されているようだが、列車によってヘッドマークの位置が違うということも一部で生じているようで、中には何でそんなところに・・?という感じの掲出も見られる。

早速、四直15周年記念のヘッドマークを撮影。私用で午前中のわずかな時間しか使えなく、北総の車両以外は5編成のみの掲出で、捕まえるのがきついかなと思っていたのだが、掲出開始の午前中ということもあり、1時間でとりあえず4社局1編成ずつ撮影することが出来た。

N00901.jpg

▲ヘッドマークを掲出した京成3700形

N00897.jpg

▲都営5300形もヘッドマーク掲出

N00903.jpg

▲京急車は600形にヘッドマークを掲出

最新記事

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

今年も大型連休が終わり、鉄道各社から今年度における設備投資計画が発表される季節がやってきた。京成電鉄でも17日の夕方に発表があったところなので、これを読んで今後の動きを探ってみよう。まず、この...

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化