KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2006.05.01

京成電鉄では、4月末より成田空港を発着する特急列車にて英語の案内放送の実施を開始した。早速、その英語の放送を録ってきたので、音声ファイルにてご紹介しよう。

ICレコーダーによる英語案内放送(ファイル1、成田空港行)

ICレコーダーによる英語案内放送(ファイル3、上野行。※設定ミスにより再生速度が速い)

放送の内容は成田空港行の列車と上野行の列車とで異なっており、成田空港行は成田空港第1ターミナルおよび第2ターミナルの下車駅に関してのもの、上野行は都心方面への乗換え案内についてのものとなっている。ファイル1は日暮里→青砥、船橋→京成津田沼、成田→空港第2ビルで、ファイル3は成田→公津の杜、京成津田沼→船橋、八幡→高砂で流すということになっているようである。このほかファイル2として成田空港利用客に対して成田で降りないよう注意喚起する内容の放送もある模様。英語の案内放送を行なうのは上野〜成田空港間を走る特急に限定されているようだが、車掌の判断によっては成田空港行の快速などでも行なわれている模様。

英語の案内放送というと車両側に自動放送用の機器を設置して行なわれる方法が一般的だが、京成では乗務員(車掌)に案内放送が記録されたICレコーダーを携帯させ、それを乗務員が操作して車内に音声を流すという方法を採用。ICレコーダーは市販のもの(Panasonic製)を採用して導入費用を抑えている。これを実施するにあたり、3000形や3700形、3400形、3600形の8両編成に対してICレコーダー接続箱なる機器が乗務員室内に新設された。ICレコーダー接続箱の役割は単純で、ICレコーダーを車両側の放送機器に繋げると同時に音声の入力をマイクとICレコーダーとで切り替えるためのものとなっている1)。このICレコーダー接続箱がないと英語放送が記録されているICレコーダーが繋げられないため、本来は英語の案内放送を行なうはずの列車でもICレコーダー接続箱の設置対象外である3500形では英語の案内放送を行なうことができない。

P01759.jpg

京成3400形 ICレコーダー接続箱
2006.7.2/**

▲乗務員室内の車掌側に設置されたICレコーダー接続箱。この機器にICレコーダーを接続し、英語による案内放送を行なう。箱の上から出ているオーディオケーブルを介してICレコーダーに接続する。右側から出ているカールコードはマイク

ちなみに、ICレコーダー接続箱とICレコーダーとの接続は3.5mmミニプラグのオーディオケーブルなので、3.5mmのミニプラグでの音声出力に対応した機器ならば何でも繋げられるものとみられる。例えばWalkmanやiPodなどのミュージックプレイヤーも繋げられるはずで、極端なことを言うと大音量のクラブ系ミュージックをドゥンドゥンいわせながら走るということも可能・・・のはず。このように仕組み自体はきわめて単純なので、将来的には英語の案内放送を充実させたりするなどいろいろな展開ができそうだ。

  • 1)入力切替スイッチのラベルはON/OFFとなっており、スイッチをONにするとICレコーダー側の入力となる。

関連記事

京成線の成田空港第3ターミナル対応

4月8日、成田国際空港において格安航空会社(LCC)専用の第3ターミナルが新しく開業した。これに伴い、同空港への輸送を担う京成電鉄では新ターミナル開業に対する各種案内類への対応を実施している...

京成線の成田空港第3ターミナル対応
京成3700形 3708編成の車体改修工事を実施

1月中旬頃より車体の改修工事を行なっていたという3708編成だが、このほど工事が完了し、営業運転に復帰したので、早速その内容を見てみよう。大雑把に観察した範囲で変化が見られた箇所は次の通り。ドア...

京成3700形 3708編成の車体改修工事を実施
京成3700形3858編成 全検出場、フルカラーLED化

全検入場していた3858編成だが、行先・種別がフルカラーLEDとなって出場した。3700形の行先LED化については、3818編成までの実施で一旦止まっていたが、フルカラーLEDで再開した模様...

京成3700形3858編成 全検出場、フルカラーLED化
京成3000形 行先表示フルカラーLED化

夏真っ盛りな今日このごろ。暑さで目がやられちまったのかと思ったぜ。京成3000形3002編成がこのほどフルカラーに対応した行先表示を備えてのご登場である。3000形は従来の3色しか表示できない...

京成3000形 行先表示フルカラーLED化
3700形、案内表示機器類をLED化

今更かよ・・・という気がしないでもないが、今月中旬ごろ、3700形3711編成の行先・種別の表示類がLED化された...

3700形、案内表示機器類をLED化

最新記事

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化
京急600形 大師線を走る

京急大師線の新たな日常風景。京急電鉄では2020年度よりL/C座席を装備した新型車両1000形1890番台を導入し、1500形4両編成を置き換えているところである。1500形はこれまでに...

京急600形 大師線を走る

京成タグはありません