KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2006.08.27

N01969.jpg

京急2100形 2157編成
2006.8.13/仲木戸

▲「NISSAN/F・MARINOS号」として運転される2157編成

多分、BLUE SKY TRAINが"BLUE"じゃなかったら実現しなかったであろう(嘘)、京急と日産のタイアップ電車。横浜の更なるPRを、ということで21日まで運転された。

「KEIKYU BLUE SKY TRAIN」は、広告貸切車としてこれまでもたびたび車体広告を掲出した期間があったが、今回の「NISSAN/F・MARINOS号」に関して言えば、プレスリリースで正式に発表があったことや出発式の式典が催されたことからも、単なる広告貸切・車体掲出とは一線を画する性格のものと思われる。

余談だが、「NISSAN/F・MARINOS号」の運転によって、横浜F・マリノスのさらなる活躍をということもあったが、先日、チーム内部のゴタゴタによる岡田武史監督の辞任が発表されるなど、なんとも雲行きが怪しくなっているのはちと残念である。

関連記事

606編成「羽田-成田直結10周年記念号」

羽田空港~成田空港間の直結を記念して「直結10周年」のヘッドマークが掲出されているが、京急の宣伝部長殿・・・もとい606編成にはラッピングもなされて...

606編成「羽田-成田直結10周年記念号」
大雪の京成線@2008年2月 4 - 雪中のKEIKYU BLUE SKY TRAIN

雪の中を行くKEIKYU BLUE SKY TRAIN。大雪となった2月3日は3000形ばかりが多く目についてげんなりしていたのだが、土休日の京急車では唯一佐倉まで乗入れる79Hに606編成...

大雪の京成線@2008年2月 4 - 雪中のKEIKYU BLUE SKY TRAIN
京急線・羽田空港駅 開業8周年

早いもので、羽田空港駅が開業してから今年で8周年、だそうだ。「8」は特にキリのいい数字ではないが...

京急線・羽田空港駅 開業8周年
羽田空港駅開業7周年記念「レインボートレイン」運転

虹を纏ったKEIKYU BLUE SKY TRAINが登場。京急では11月16日に羽田空港駅が開業7周年となることから、記念プロジェクトとして「京急虹計画」という企画を始動した。 この一環として...

羽田空港駅開業7周年記念「レインボートレイン」運転
京急600形「KEIKYU BLUE SKY TRAIN」登場

「青い新1000形」のお次は「青い600形」のようである。京浜急行では、3月14日より京急600形「KEIKYU BLUE SKY TRAIN」の運行を開始した。3月をもって新1000形の「羽田空港...

京急600形「KEIKYU BLUE SKY TRAIN」登場

最新記事

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

今年も大型連休が終わり、鉄道各社から今年度における設備投資計画が発表される季節がやってきた。京成電鉄でも17日の夕方に発表があったところなので、これを読んで今後の動きを探ってみよう。まず、この...

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化