KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2006.09.16

勝田台駅北口と印旛村の岩戸地区を結ぶ「岩戸線」が、今月をもって運行を休止する。元々採算の取れていないこの路線は、関係自治体が補助金を出すことで運行を維持するということだったが、その補助も今月で終了し、運行を休止するという運びとなった。

岩戸は東洋バスの創立に深く関係している地区とのことだが、その地区から撤退することとなった。

▲岩戸行のボロ

代替として、もえぎ野線の一部を「阿宗橋」(「阿蘇橋」を八千代市側に移転・改称)まで延長運転するとしているが、これは1日4往復・平日のみである。

使用車両、系統番号などがすごく気になるが、これらは追々調査してみたいと思う。

東洋バスタグはありません