KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2006.10.11

6両編成の快速高砂行。

N01786.jpg

京成3600形 3668編成
2006.7.11/ユーカリが丘〜うすい

▲6両編成で運転される13A30快速高砂行。この日はたまたま3600形が充当した
  • [平日]13A30 快速高 砂
  • 始発:成 田1329 → 終着:高 砂1434
  • ダイヤ:2006.06.01変更
  • 備考:ー

平日13A30は、6月に実施されたダイヤ変更で13A20快速高砂行を6両編成化した列車である。朝の特急1往復を8両編成化した6月のダイヤ変更で、昼間のこの列車がなぜ6両編成に? と思われるかもしれないが、これは同変更で同じく6両編成となった8A31快速宗吾参道行と密接な関係にある。

ダイヤ変更で8A05が8A31として6両編成となったために、朝ラッシュ後に宗吾車両基地に入庫する編成1本も8両編成から6両編成となっている。そこで、従来はお昼ごろに8両編成で宗吾車両基地を出庫する1本を6両編成とし、誕生したのが13A30というわけだ。昼間に1本走る6連快速は、車両運用の都合上の問題だった。

修正前のA21運行は単独の運用だったが、A31運行は上記都合上、例外を除いて朝と同じ車両が用いられる。

N01840.jpg

京成3200形 3264編成
2006.7.28/ユーカリが丘〜うすい

▲13A30:3264編成 ・・・ということは、朝に「宗吾参堂」幕を出している。

関連記事

四直珍列車研究 6 - 平日 16A32

さようなら、6連特急。A33と言えば、平日に1つだけ残っていた6連による優等列車中心の運用であり、「特急」で上野-成田空港を3往復するものだった。種別の新設などによって列車の運行系統が整理された...

四直珍列車研究 6 - 平日 16A32
四直珍列車研究 5 - 平日 1613T

都営車の超ロングラン特急。浅草線系統では、エアポート快特などの花形列車が走っているが、この1613Tも違った意味で花形と言えよう。京急線の三崎口から京成線の成田空港まで...

四直珍列車研究 5 - 平日 1613T
四直珍列車研究 4 - 平日 959

平日朝の芝山千代田行、959列車。この列車は成田-芝山千代田間の通称"芝山シャトル"の送り込みも兼ねているが、ここでは京成津田沼始発の本線普通という点に注目したい。京成津田沼の引き上げ線から...

四直珍列車研究 4 - 平日 959
四直珍列車研究 2 - 平日 906・10A03a

京成線では6月に小規模なダイヤ変更を実施した。平日の朝に運転していた6両編成の特急成田空港行8A31レを8両編成にするためのダイヤ変更であったが、運用のやりくりから上野〜高砂間に2本の回送列車が...

四直珍列車研究 2 - 平日 906・10A03a
四直珍列車研究 1 - 平日 861

平日861は、京成津田沼始発大和田行の定期回送列車である。千葉・千原線の運用についていた車両を、大和田発の普通列車に回すために運転される。この区間を走る回送列車は珍しく、また、4両編成の回送...

四直珍列車研究 1 - 平日 861

最新記事

北総7300形 臨時特急「ほくそう春まつり号」運転(2024年)

今年も春がやってきた。4月21日、北総鉄道が主催する「ほくそう春まつり」の開催に合わせて臨時特急「ほくそう春まつり号」が運転された。昨年、八千代台始発として5年ぶりに運転された当列車だが、今年は...

北総7300形 臨時特急「ほくそう春まつり号」運転(2024年)
千葉シーサイドバス路線図 2024年4月1日版

当Webサイトでは、2023年3月の「千葉シーサイドバス路線図 2023年3月1日版」と題する記事にて千葉シーサイドバスの路線図を公開していたところであるが、約1年ぶりに改訂版を発行する。千葉...

千葉シーサイドバス路線図 2024年4月1日版
京成グループ 車両の動き(2023年度)

京成グループにおける2023年度の車両の動きをまとめてみよう。まずは京成。ここ数年は列車無線のデジタル化に伴う予備車の存在や2度にわたる脱線事故の影響などでイレギュラーな車両の動きが続いていたが...

京成グループ 車両の動き(2023年度)
北総7500形 「北総1期線開業45周年記念」ヘッドマーク

北総線開業45周年記念。北総鉄道では、3月上旬より7500形おいて「北総1期線開業45周年記念」ヘッドマークの掲出を行っている。表題のとおり北総1期線(新鎌ヶ谷〜小室)の開業45周年を記念した...

北総7500形 「北総1期線開業45周年記念」ヘッドマーク
タイ国鉄 フアランポーン駅の現在

クルンテープ・アピワット中央駅に続いて、かつての中央駅、フワランポーン駅も訪ねてみた。2023年1月にバンコクの中央駅の地位をクルンテープ・アピワット中央駅に譲ったフアランポーン駅。中央駅の移転...

タイ国鉄 フアランポーン駅の現在