KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2006.11.03

N02842.jpg

▲往路:1099T 急行灯点灯がGood!

5200形、最後の花道。さよなら運転である。自社線を飛び出して千葉ニュータウン中央までの1往復(実際は折り返しのため印西牧の原まで走行)という内容。最後に線形の良い北総線を走る機会が与えられたのである。

どこで撮ろうかな~と考えたが、過去に京成線内を走る姿は記録してあるし、私は光線と人出を考慮して千葉ニュータウンで撮影。ヘッドマークはやや小さくなってしまったが、晩年はあまり入線することのなかった北総線を走る5200形の姿を最後に記録することができた。

N02853.jpg

▲復路:1298T たくさんのお客さんを乗せて

ヘッドマークは西馬込側、押上側の先頭車で異なったものが掲出された。行先の表示・種別はともに白。北総線内は急行灯を点灯させていた。

正直、5200形のさよなら運転が行なわれるとは思っていなかった。なぜなら、6連×2本のみの少数派だったし、晩年はほとんどトンネルの奥のほうでしか動いていなかったし、容姿を含めてとにかく地味な車両(^^ゞ だったし。

3社にまたがる臨時列車は各所の調整も大変だったはずである。関係各位には感謝したい。

最新記事

京成3500形 デジタルSR無線対応工事始まる

列車無線のデジタル化に新しい動き。2017年度より列車無線の更新を実施している京成電鉄。4月には新しい無線となるデジタルSR無線の運用が始まったところである。車両に対する改造工事は3000形や...

京成3500形 デジタルSR無線対応工事始まる
京成電鉄「2021年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

11月4日、京成電鉄は2021年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。例年は5月中旬頃に発表されている京成の鉄道事業設備投資計画だが、今年度も昨年度に...

京成電鉄「2021年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京成3100形3155編成・3156編成 登場

9月下旬より、京成3100形の3次車にあたる3155編成と3156編成がお目見えしている。3次車の特徴と営業運転開始までの動きをまとめておこう。京成電鉄では、2021年度の新造車として3100形...

京成3100形3155編成・3156編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 成田スカイアクセス線仕様のまま本線転用

京成3050形に異変。9月下旬より今年度新造の3100形が営業運転を開始したのに伴い、3050形が成田スカイアクセス線から京成本線に転用されている。3156編成の導入により3054編成が10月...

京成3050形3054編成・3055編成 成田スカイアクセス線仕様のまま本線転用
京成3500形3520編成 営業運転終了

京成3500形に廃車が発生。3100形3155編成の導入に伴い、車両に動きが生じている。3500形3520編成が11日の(B21→)05運行をもって営業運転を離脱。いっしょに編成を組んでいた...

京成3500形3520編成 営業運転終了

東京都交通局イベント列車 引退