KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2006.11.11

ようこそ京成線へ。

N02976.jpg
▲千葉中央に姿を現した新京成8800形

来月10日に開始される新京成線と京成千葉線の直通運転に関して、新京成車の千葉線内試運転が開始された。いよいよ新京成の車両が千葉線に入ったのである。今日、試運転を行ったのは直通運転に備えて6連化された8801編成で、主に京成津田沼~千葉中央を往復した模様。運番は「01F」を表示しており、これによって、千葉線に直通してくる新京成の所属車両は運番・列番の末尾に「F」を表示するものと思われる。なお、千葉線内は各駅で一旦停止、京成津田沼駅の出発信号機の種別の表示は「8」だった。

N02985.jpg
▲新たに取り付けた急行灯もしっかりと点灯

まあ、試運転はいずれ行われるだろうということは予想は付いていたものの、最初に入ってきたのが元々8連しか存在しなかった8800形とは思わなかった。予想外ダ。千葉線にはタヌキだけが大量進出してくるかと思ったが・・・現実は何が起きるか分からないとは、正にこのことだったりして^^;

最新記事

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化
京急600形 大師線を走る

京急大師線の新たな日常風景。京急電鉄では2020年度よりL/C座席を装備した新型車両1000形1890番台を導入し、1500形4両編成を置き換えているところである。1500形はこれまでに...

京急600形 大師線を走る

新京成電鉄試運転