KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2006.11.18

祝、羽田空港駅8周年。

N02962.jpg

早いもので、羽田空港駅が開業してから今年で8周年、だそうだ。「8」は特にキリのいい数字ではないが、そこは羽田空港に力を入れている京急である。昨年の"レインボートレイン"に引き続き、今年も「KEIKYU BLUE SKY TRAIN」に装飾が施された。上の写真で、前面の「8th」と側面に見えるステッカー類がそれである。

京急では同時に、"羽田空港駅開業8周年記念「8(ハッピー)キャンペーン」"というものを催しており、606編成の車内はこの広告にジャックされていることから、今回の装飾編成は8周年及びそれに付帯するキャンペーンの広告編成ということになる。「8(ハッピー)キャンペーン」が12月10日までだから、車体への装飾もそれぐらいの時期までと予想される。

▲サイドビュー、"くりぃむしちゅー"の上田氏と有田氏がお出迎え。雲をあしらった広告はなぜか早々に剥がされている。

なお、1枚目の画像が羽田空港行ではなく、押上行となっているのは、その日606編成に何らかの不具合があったから・・・らしい。詳細不明。定期列車での快速押上行は存在しない。

最新記事

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

今年も大型連休が終わり、鉄道各社から今年度における設備投資計画が発表される季節がやってきた。京成電鉄でも17日の夕方に発表があったところなので、これを読んで今後の動きを探ってみよう。まず、この...

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化