KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2006.11.21

本日21日、京成の今年度新造車の第1弾、3018編成が営業運転を開始した。16日に京成入線、20日に試運転、そして21日に営業運転開始と、毎度ながら納車から運転開始までがあっという間・・・というか、試運転から営業運転開始までがいつになく早い。初日の今日は、23運行で宗吾出庫、一旦高砂へ入庫した後、07運行で再出庫し、終日にわたって運転された。

昨年度新造車と変わってるっぽいところ
・ブレーキの緩解音(?)がかなり静かになっている
・VVVFの制御ソフトの変更(?)、減速時の変調のタイミングが従来より早い

昨年度新造車と特に変わっていないところ
・SR無線は台座のみで、本体は取り付けられていない。
・行先等の表示類は3色のLED方式
・純電気ブレーキ

今年度予定されている新造車が出揃えば、3000形は21本という大所帯。毎年同じ顔の車両が増えてつまらないかもしれないが、細かいところで改良が加えられているところは好感が持てる。さて、今年も車両の動きが活発になる時期だが、3200形がどうなってくるのかが気になるところである。