KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2006.12.07

N03130

新京成では、かねてから8000形の京成乗り入れ対応を行なってきたが、このほど京成線の行先が入った方向幕を装備した編成も登場、直通運転開始を1週間前にしていよいよ乗り入れの準備が完璧に整ったということになる。新幕は英字入りとなったが、旧幕の茶色い下地・独特のフォントを継承したものとなっている。

▲方向幕が回る終着駅にて 気になる表示がチラリ(方向幕回転中)

新幕では、「普通」の表記の入ったものも見られた。千葉線内では普通列車だけの運行となるが、種別も表示する京成スタイルでの表示となりそうである。なお、京成津田沼に関するものだけで、上の写真の「京成津田沼」「普通 京成津田沼」、そして「普通 津田沼」という表示も入っているようで、これらの使い分けが気になるところだ。

◆ ◆ ◆

おまけ:直通化準備に見られたタヌキの変化

N02636.jpg

▲直通化対応前の姿 原型タヌキ

N02639.jpg

▲急行灯取り付け・帯は昔のまま 過渡期タヌキ

N02632.jpg

▲帯変更 新帯タヌキ

N02647.jpg

▲to Chibaラッピング 直通PRタヌキ
現在、前面の装飾はヘッドマークステーの取り付けに伴って撤去されている

N03130.jpg

▲方向幕交換 ローマ字タヌキ

これらに加えて、レトロカラーやアートギャラリー号もいるわけで・・・。タヌキだけに、化けるの得意?!・・・なんちゃって爆

最新記事

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b

ヤツは時刻表に2回現れる。土休日1846bレは、京成本線を走る珍列車である。この列車の面白さは時刻表に表れている。まずは京成時刻表を確認してみよう。時刻表で1846bレを探すと2本の列車が...

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b
京急大師線 干支ヘッドマークのない正月

京急大師線の少し寂しいお正月。1899年1月に開業した大師電気鉄道に始まり、現在も川崎大師への参拝の足として親しまれている京急大師線。2022年正月、そんな大師線に異変が生じている。毎年恒例の...

京急大師線 干支ヘッドマークのない正月
新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。新京成電鉄では、今年も毎年恒例の干支ヘッドマークの掲出を行った。今年で14年目となるヘッドマークの干支は「寅」。干支...

新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)
北総7800形7838編成 登場

北総7800形にまさかの4本目の編成が登場。12月中旬より北総7800形7838編成が登場している。同編成はこれまでの7800形と同じく京成3700形のリース車両で、車両番号の変更は次の通り...

北総7800形7838編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更

京成3050形3054編成と3055編成、京成カラーになる。12月上旬より京成3050形3054編成と3055編成がオレンジ色のアクセス線カラーから赤と青の京成カラーに変更され、運用に入っている...

京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更

新京成電鉄タグはありません