KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2006.12.26

祝・京成線船橋駅下り線高架化。

P01971.jpg

京成船橋駅 3階ホーム
2006.12.26/**

▲上下線が発着するようになった高架の船橋駅

船橋付近の下り線が高架化されて早1ヶ月。先週土曜のことであるが、ようやく下り線が高架化された後の船橋駅の様子を見に行くことができた。

思えばずーっと工事していた。高架を走る総武線や東武線とは違って、地上を走る京成線は船橋市内の南北方向の移動を断ち切っているとさえ言われたこともあっただけに、今回の高架化は関係者にとって感慨もひとしおといったところだろう。

P01972.jpg

京成船橋駅 スカイライナー特急券券売機
2006.12.26/**

▲ダイヤ改正に合わせて設置されたスカイライナー特急券用の券売機
P01975.jpg

京成船橋駅 旧地上線
2006.12.26/**

▲都市の空洞と化した高架下の地上線跡...当然ここにはもう電車は来ない
P01976.jpg

京成船橋駅 成田方面改札口
2006.12.26/**

▲バラックのような駅入口はまだ使われる

立派な高架駅で整列乗車をして待つ通勤客の姿が印象的だった。船橋駅の新しい光景だ。ただ一つ、下りホームが少し狭いかなと言う点が少し気になった。

船橋駅の今後の予定としては、来年度に2階部分のコンコースが完成、FACEと接続、さらにその翌来年度に高架脇の側道などが完成し、全事業が完了となる。

最新記事

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b

ヤツは時刻表に2回現れる。土休日1846bレは、京成本線を走る珍列車である。この列車の面白さは時刻表に表れている。まずは京成時刻表を確認してみよう。時刻表で1846bレを探すと2本の列車が...

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b
京急大師線 干支ヘッドマークのない正月

京急大師線の少し寂しいお正月。1899年1月に開業した大師電気鉄道に始まり、現在も川崎大師への参拝の足として親しまれている京急大師線。2022年正月、そんな大師線に異変が生じている。毎年恒例の...

京急大師線 干支ヘッドマークのない正月
新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。新京成電鉄では、今年も毎年恒例の干支ヘッドマークの掲出を行った。今年で14年目となるヘッドマークの干支は「寅」。干支...

新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)
北総7800形7838編成 登場

北総7800形にまさかの4本目の編成が登場。12月中旬より北総7800形7838編成が登場している。同編成はこれまでの7800形と同じく京成3700形のリース車両で、車両番号の変更は次の通り...

北総7800形7838編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更

京成3050形3054編成と3055編成、京成カラーになる。12月上旬より京成3050形3054編成と3055編成がオレンジ色のアクセス線カラーから赤と青の京成カラーに変更され、運用に入っている...

京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更

京成駅施設