KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2006.12.30

京成線に「快特」が登場する2日前、私の地元を走る東洋バスがダイヤ改正を実施している。

東京女子医大の八千代医療センターが開院するのに伴って、医療センターへのアクセスとして東洋バスが乗り入れることになったのだ。主に八千代台駅~緑が丘駅~八千代中央駅の[41]と、八千代台駅~グランド前~八千代中央駅の[51]の路線を延長するほか、一部八千代中央駅始発の便が設定されている模様。新たに3つの系統番号が追設された。

・[43]八千代台駅~緑が丘駅~八千代中央駅~八千代医療センター
[41]の一部を八千代医療センターまで延長したのが[43]である。日中は[43]と後述の[50]で八千代中央駅~医療センターが10分ヘッドとなるようなダイヤがつくられている。

・[50]八千代台駅~グランド前~八千代中央駅~八千代医療センター
[51]の一部を八千代医療センターまで延長したのが[50]である。[52]になると思いきや[50]というのが意外?! 基本的に番号が若い路線が幹線格っぽいので、[51]は区間便へとランクが落ちたと言えるかもしれない。

・[80]八千代中央駅~八千代医療センター
[41]の延長でも[51]の延長でもない、八千代中央駅~八千代医療センターの便。平日朝に数本のみという少数派である。番号は[80]であり、新たに80番台が使われることとなった。

最新記事

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b

ヤツは時刻表に2回現れる。土休日1846bレは、京成本線を走る珍列車である。この列車の面白さは時刻表に表れている。まずは京成時刻表を確認してみよう。時刻表で1846bレを探すと2本の列車が...

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b
京急大師線 干支ヘッドマークのない正月

京急大師線の少し寂しいお正月。1899年1月に開業した大師電気鉄道に始まり、現在も川崎大師への参拝の足として親しまれている京急大師線。2022年正月、そんな大師線に異変が生じている。毎年恒例の...

京急大師線 干支ヘッドマークのない正月
新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。新京成電鉄では、今年も毎年恒例の干支ヘッドマークの掲出を行った。今年で14年目となるヘッドマークの干支は「寅」。干支...

新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)
北総7800形7838編成 登場

北総7800形にまさかの4本目の編成が登場。12月中旬より北総7800形7838編成が登場している。同編成はこれまでの7800形と同じく京成3700形のリース車両で、車両番号の変更は次の通り...

北総7800形7838編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更

京成3050形3054編成と3055編成、京成カラーになる。12月上旬より京成3050形3054編成と3055編成がオレンジ色のアクセス線カラーから赤と青の京成カラーに変更され、運用に入っている...

京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更

東洋バスタグはありません