KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2007.01.20

▲今年はヘッドマークが2種類。
Chic ver.(手前)とCute ver.(奥)とでも名付けようか。

京急大師線に行ってきた。目的は言うまでも無く(?)・・・干支ヘッドマーク。既に他のサイトなどで紹介されているように、今年は2種類のヘッドマークが用意され、正月の大師線を彩った。ヘッドマークの絵柄は運番で固定されているようで、81・83・91運行がカラフルな"Cute ver."、85・87・89運行が落ち着いた柄の"Chic ver"をそれぞれ掲出している模様である。

今日20日は土日なので5分ヘッド・4連6本で運転、6運用のうち増発分の2運用に1500形が入っており、もはや1500形もしっかりと大師線の主となったなあという印象を受けた。

N03410.jpg

▲89:1325編成(Chic ver.) 検査上がりでピカピカ状態

N03386.jpg

▲83:1313編成(Cute ver.) 「京急」が省略された旧幕を装備

N03380.jpg

▲81:1501編成(Cute ver.)

N03413.jpg

▲87:1509編成(Chic ver.)

昨日の時点で、午前中に晴れマークが出ていたので期待して出かけていったらどん曇り+極寒というダブルパンチ(涙 だが、この日は車両と掲出ヘッドマークがうまい具合にバラけてくれていて、それはそれでなんかちょっとラッキーだったのかも(^^ゞ