KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2007.02.01

千葉にSLが現わる!

N03503.jpg
▲黒煙を吐いて力走するD51 498、「SLちばDC号」
▲快速「SLちばDC号」、発車案内の表示
▲D51が千葉にやってきた!

地元にSLがやってくるということで、快速「SLちばDC号」の様子を見に行ってきた。この列車は2/1から始まる「ちばDC」のオープニングを飾る列車でもあり、今回のキャンペーンで唯一千葉から客扱いを行なうSL列車でもある。今日は平日・・・とは思えないほどの人手! 千葉にSLが走るのは18年振りということも手伝ってもう沿線はお祭り騒ぎ状態である。SL列車の写真は雑誌などで拝見することはあるが、撮影は初。ファインダー越しに見えるその迫力たるや・・・いやはや、格好良すぎです(^^ゞ

以下に、各所の様子を書いてみる。

千葉駅

SL入線とともに、SLをひと目でも見ようとする人が殺到、ホームは大混雑となり、一部入場規制も行なわれたほどの混乱だった。12時25分にSLが汽笛を鳴らしながら入線、その後12時28分頃に折り返し木更津行となる113系がSLの隣の線に入線するのだが、この113系が「ちばDCラッピング」を纏った車両だったのは偶然なのか、必然なのか・・・?!^^;

沿線

立派なカメラをもったSLファンはもちろんのこと、沿線の小学生・園児が総出で見学に来ていたり、住民の方も携帯カメラ片手に見に来ていたり・・・とにかくタダならぬ雰囲気だった。私も沿線某所で撮影したのだが、SLが近づくとともに歓声が上がり、通過後は皆口々に「格好いい」「良かった」などと見知らぬ人同士で感想を言ったりして(笑)。その昔、SL牽引の客車で両国まで乗った・・・というお話も聞かせていただいたりしたが、沿線の方々(特にSLの現役時代を知ってる方々)の嬉しそうな顔がとても印象的だった。

木更津駅

本運転後は木更津駅における入換の様子を見学したが、ホームからロータリーから跨線橋から、こちらもとにかくすごい人だった。おそらくサービスなのであろう、構内を端から端まで移動して入庫、D51は一日のこの日の任務を終えた。

N03509.jpg
▲運転後、木更津駅構内で入換中のD51

最新記事

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b

ヤツは時刻表に2回現れる。土休日1846bレは、京成本線を走る珍列車である。この列車の面白さは時刻表に表れている。まずは京成時刻表を確認してみよう。時刻表で1846bレを探すと2本の列車が...

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b
京急大師線 干支ヘッドマークのない正月

京急大師線の少し寂しいお正月。1899年1月に開業した大師電気鉄道に始まり、現在も川崎大師への参拝の足として親しまれている京急大師線。2022年正月、そんな大師線に異変が生じている。毎年恒例の...

京急大師線 干支ヘッドマークのない正月
新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。新京成電鉄では、今年も毎年恒例の干支ヘッドマークの掲出を行った。今年で14年目となるヘッドマークの干支は「寅」。干支...

新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)
北総7800形7838編成 登場

北総7800形にまさかの4本目の編成が登場。12月中旬より北総7800形7838編成が登場している。同編成はこれまでの7800形と同じく京成3700形のリース車両で、車両番号の変更は次の通り...

北総7800形7838編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更

京成3050形3054編成と3055編成、京成カラーになる。12月上旬より京成3050形3054編成と3055編成がオレンジ色のアクセス線カラーから赤と青の京成カラーに変更され、運用に入っている...

京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更