KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2007.02.25

早朝に走る押上線押上行。

F00571.jpg

京成3600形 3648編成
2004.8.21/八 広

▲土休日の朝に存在していた普通押上行
  • [土休日]680K 普通押 上
  • 始発:高 砂626 → 終着:押 上637
  • ダイヤ:2002.10.12改正
  • 備考:ー

ちょっと前のハナシになってしまうが、土休日の早朝に8連の押上行という列車があった。押上線の列車のほとんどが浅草線に直通する中、押上止まりというのは珍しい存在だった。しかし、何故押上止まりだったのか。

押上で接続する列車は、押上到着の1分後に来る快速西馬込行(550K)なのだが、この後続の快速が680Kの存在する理由と言えそうだ。550Kの次は普通羽田空港行(532N)で、もし680Kが無かったとすると、押上線の快速通過駅は14分間列車が来ないことになる。そこで、押上行を1本入れて快速通過駅の救済と快速への接続を図っていたのだった。

2004年10月ダイヤ改正で列番が674Kに変更されたが、土休日の早朝ということもあって利用が少なかったのだろう、翌2005年10月ダイヤ修正でひっそりと消滅してしまった。

最新記事

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

今年も大型連休が終わり、鉄道各社から今年度における設備投資計画が発表される季節がやってきた。京成電鉄でも17日の夕方に発表があったところなので、これを読んで今後の動きを探ってみよう。まず、この...

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成珍列車