KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2007.03.06

N03137.jpg

京急600形 607編成
2006.12.8/新馬場

▲917SH、京急線内のエアポート快特
N02808.jpg

京急600形 607編成
2006.11.1/高砂〜小岩

▲1185H、京成線内の快速
  • [平日]917H 快速成田空港
  • 始発:羽田空港956 → 終着:成田空港1203
  • ダイヤ:2002.10.12改正
  • 備考:京急線内917SH、押上までエアポート快特
  • [平日]1185H 快速成田空港
  • 始発:羽田空港1116 → 終着:成田空港1323
  • ダイヤ:2002.10.12改正
  • 備考:京急線内1184SH、押上までエアポート快特

2006年12月の改正まで存在した京急車の成田空港行である。エアポート快特という花形優等列車としてインパクトが強い一方、平日ダイヤで2本のみという希少な列車でもあった。

この2本の成田空港行、元をたどれば羽田空港駅が開業した1998年11月ダイヤ改正まで遡ることができる。当時の901H、1105Hがそれにあたる。当時はエアポート快特系の列車に特別に00番台の運番を与えていた。その後、2001年9月の改正でこの2本の列車はそれぞれ917H、1185Hとなり、2002年10月改正で京成線内「快速」運転となっても京急車の成田空港乗り入れは存続した(あまり意味のある列車とは思えなかったが^^ゞ)が、その担当は延々と17H、85Hだったということになる。京急のダイヤの基本構造が変わっていないとも捉えられるが、純粋な空港間連絡特急すなわち「(飛)快特→(飛)特急」だった頃の名残の列車ということも言えるわけだ。

2006年12月ダイヤ改正で成田行ないしは佐倉行となったわけだが、方向幕の(成田空港方面)を見るにつけ、京急としては成田空港直通をあきらめていないように思える。

N00629.jpg

京急600形 605編成
2006.3.8/うすい〜佐倉

▲佐倉の田園地帯を行く京急600形

最新記事

京成3500形 デジタルSR無線対応工事始まる

列車無線のデジタル化に新しい動き。2017年度より列車無線の更新を実施している京成電鉄。4月には新しい無線となるデジタルSR無線の運用が始まったところである。車両に対する改造工事は3000形や...

京成3500形 デジタルSR無線対応工事始まる
京成電鉄「2021年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

11月4日、京成電鉄は2021年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。例年は5月中旬頃に発表されている京成の鉄道事業設備投資計画だが、今年度も昨年度に...

京成電鉄「2021年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京成3100形3155編成・3156編成 登場

9月下旬より、京成3100形の3次車にあたる3155編成と3156編成がお目見えしている。3次車の特徴と営業運転開始までの動きをまとめておこう。京成電鉄では、2021年度の新造車として3100形...

京成3100形3155編成・3156編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 成田スカイアクセス線仕様のまま本線転用

京成3050形に異変。9月下旬より今年度新造の3100形が営業運転を開始したのに伴い、3050形が成田スカイアクセス線から京成本線に転用されている。3156編成の導入により3054編成が10月...

京成3050形3054編成・3055編成 成田スカイアクセス線仕様のまま本線転用
京成3500形3520編成 営業運転終了

京成3500形に廃車が発生。3100形3155編成の導入に伴い、車両に動きが生じている。3500形3520編成が11日の(B21→)05運行をもって営業運転を離脱。いっしょに編成を組んでいた...

京成3500形3520編成 営業運転終了

京急珍列車