KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2007.07.20

先日の連休を利用して、長野に行ってきた。長野・松本の観光を兼ねて長電の電車を少し撮れればと思っていたのだが・・・事態はとんでもないことに。

現地入りする前にあれこれ調べると、11日からの予定だったD編成の「りんご色」への塗装変更を含む検査入場が17日からとなったこと、HiSEの不具合で日中の特急1運用を2000系が代走するということで気合が入っていたのだが、まさかの大地震。ちょうど朝陽駅付近の有名ポイントにいたのだが、かなり大きな揺れを体感、そして電車は運転見合わせに・・・。撮影の続行はあきらめざるを得なかった。

揺れを感じたときには分からなかったのだが、後から知ったところ中越のほうではかなり大きな被害が出ているということで、たかが予定していた趣味の撮影ができなかったことぐらい比較にならない。被災された地域の1日でも早い復興を願うばかりである。

N05555.jpg

▲夜間瀬の鉄橋を渡る元日比谷線

2000系D編成が出場したところを狙ってリベンジかも?!

最新記事

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化
京急600形 大師線を走る

京急大師線の新たな日常風景。京急電鉄では2020年度よりL/C座席を装備した新型車両1000形1890番台を導入し、1500形4両編成を置き換えているところである。1500形はこれまでに...

京急600形 大師線を走る

鉄道その他タグはありません