KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2007.08.01

新型スカイライナーについて
8月1日の日経産業新聞・サービス欄に、新型スカイライナーについての興味深い記事が掲載されていた。この記事を要約すると以下のよう。
・ 新型スカイライナー、まずは8連×8本、計64両を発注予定
・ 車両はリース方式で調達、これに対する投資価格は160億円超
・ 先頭の形状は流線型を採用

新型スカイライナーは10連ではなく8連での導入となる模様。8連での導入ということは、京成本線での運用も可能と思われ、新型スカイライナーによって現行のスカイライナーを置き換えることがほぼ確実となったのでは、と思うのだがどうだろうか。なお、"まずは8両で"という表記から、将来は10連化が可能なように設計されているものとも思われる。

デザインについては未確定な部分が多いものの、流線型ということは決定事項の様子。日本の玄関のアクセスを担う車両、デザインに関してもグッとくるものになればいいのだが・・・(^^ゞ

スカイライナー利用者数1億人突破
7月31日、スカイライナーの利用者数が1億人を突破したとのことだが、これに関連してAE-138編成に「1億人突破」ロゴが車体前面及び側面に貼り付けられた。ロゴ掲出の編成はこの1本だけなのか、はたまた他の編成にも波及するのかどうかわからないが、しばらくの間、ヘッドマークを掲出したスカイライナーが見られることになりそう。

S73:3596編成
毎月恒例の動揺測定列車、3312編成が充当されることが多いようであるが、本日運転分の同列車は3596編成だった。未更新の3500形が[試]を表示する機会はもうそうそうないだろうから、少しだけ追っかけてきた(^^ゞ

N05619.jpg

▲日中の押上線に4連が走ることも珍しい光景。

N05630.jpg

▲単線の金町線末端部も走る。

最新記事

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

今年も大型連休が終わり、鉄道各社から今年度における設備投資計画が発表される季節がやってきた。京成電鉄でも17日の夕方に発表があったところなので、これを読んで今後の動きを探ってみよう。まず、この...

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化