KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2007.08.01

新型スカイライナーについて
8月1日の日経産業新聞・サービス欄に、新型スカイライナーについての興味深い記事が掲載されていた。この記事を要約すると以下のよう。
・ 新型スカイライナー、まずは8連×8本、計64両を発注予定
・ 車両はリース方式で調達、これに対する投資価格は160億円超
・ 先頭の形状は流線型を採用

新型スカイライナーは10連ではなく8連での導入となる模様。8連での導入ということは、京成本線での運用も可能と思われ、新型スカイライナーによって現行のスカイライナーを置き換えることがほぼ確実となったのでは、と思うのだがどうだろうか。なお、"まずは8両で"という表記から、将来は10連化が可能なように設計されているものとも思われる。

デザインについては未確定な部分が多いものの、流線型ということは決定事項の様子。日本の玄関のアクセスを担う車両、デザインに関してもグッとくるものになればいいのだが・・・(^^ゞ

スカイライナー利用者数1億人突破
7月31日、スカイライナーの利用者数が1億人を突破したとのことだが、これに関連してAE-138編成に「1億人突破」ロゴが車体前面及び側面に貼り付けられた。ロゴ掲出の編成はこの1本だけなのか、はたまた他の編成にも波及するのかどうかわからないが、しばらくの間、ヘッドマークを掲出したスカイライナーが見られることになりそう。

S73:3596編成
毎月恒例の動揺測定列車、3312編成が充当されることが多いようであるが、本日運転分の同列車は3596編成だった。未更新の3500形が[試]を表示する機会はもうそうそうないだろうから、少しだけ追っかけてきた(^^ゞ

N05619.jpg

▲日中の押上線に4連が走ることも珍しい光景。

N05630.jpg

▲単線の金町線末端部も走る。