KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2007.08.11

新型車両E655系、成田線に現わる。

N05721.jpg

JR東日本E655系+特別車両
2007.8.10/木下〜小林

▲成田線を行くE655系特別車両組み込み編成

今注目度が(多分)非常に高いハイグレード車両、E655系が近所を走るというんで撮ってきた。私にしては珍しく形式写真なんかも撮ってきたので、E655系がじっくり見たいはGalleryへ。

さて、このE655系は、ハイグレード車両及び特別車両の6両編成ということで、非常に特殊な車両と言えるわけだが、その用途からも分かるように、とにかく高級さが感じられる車両だった。JR東日本のプレスリリースでの発表では、海外のVIP等にも対応した高級な旅の需要の開拓ということがあったが、まさにその理念が適った車両ということがこの車両全体から感じ取ることができた。

N05735.jpg

JR東日本E655系+特別車両
2007.8.10/物井〜佐倉

▲総武本線を快走するE655系

余談ながら・・・撮影地でご一緒させていただいた方々ともたびたび話題になったのだが、何とも撮影者泣かせの車両で・・・(^^ゞ 車体の色が非常に濃いということはカメラの露出設定が難しく、特殊な塗装は周りの風景を全部写し込んでしまう特徴を持っている。しかしながら、車両は撮るためにあるのではなく、乗るためにあるわけで、、JR東日本によると、特別車両を除く5両は一般向けへの運転計画もあるということなので、ぜひ一度その乗り心地も堪能してみたいと思うわけだが、はたして乗車させていただく機会はあるのやら(^^;)

最新記事

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b

ヤツは時刻表に2回現れる。土休日1846bレは、京成本線を走る珍列車である。この列車の面白さは時刻表に表れている。まずは京成時刻表を確認してみよう。時刻表で1846bレを探すと2本の列車が...

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b
京急大師線 干支ヘッドマークのない正月

京急大師線の少し寂しいお正月。1899年1月に開業した大師電気鉄道に始まり、現在も川崎大師への参拝の足として親しまれている京急大師線。2022年正月、そんな大師線に異変が生じている。毎年恒例の...

京急大師線 干支ヘッドマークのない正月
新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。新京成電鉄では、今年も毎年恒例の干支ヘッドマークの掲出を行った。今年で14年目となるヘッドマークの干支は「寅」。干支...

新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)
北総7800形7838編成 登場

北総7800形にまさかの4本目の編成が登場。12月中旬より北総7800形7838編成が登場している。同編成はこれまでの7800形と同じく京成3700形のリース車両で、車両番号の変更は次の通り...

北総7800形7838編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更

京成3050形3054編成と3055編成、京成カラーになる。12月上旬より京成3050形3054編成と3055編成がオレンジ色のアクセス線カラーから赤と青の京成カラーに変更され、運用に入っている...

京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更