KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2007.09.07

N03059.jpg
▲夜の佐倉駅で行われていた都営車同士の緩急接続

[平日]1912T 特急西馬込
始発:成田空港1908 → 終着:西馬込2047
ダイヤ:2004.10.30改正
備考:押上から普通

[平日]1950T 快速西馬込
始発:成 田1911 → 終着:西馬込2058
ダイヤ:2004.10.30改正
備考:押上から普通

以前、夕方下りの通勤時間帯を走る都営車として1613T1751Tを挙げたが、今日触れるのはそれら列車の折り返し、1912T・1950Tである。両列車とも夕方のラッシュ輸送に参加した後、13Tは「特急」で、51Tは「快速」でそれぞれ西馬込に戻るわけだが、この2本も珍列車だった。

まずは1912Tだが、特急西馬込行自体は朝ラッシュ時に北総線上り列車が多数あるものの、京成方面からでは唯一の都営車による特急列車だった。2002年10月の改正で1642Tとして登場したものである。1950Tの「快速」西馬込行も意外と珍しく、都営車による快速西馬込行を探してみると朝と夜の2本しかなく、このうちの1本が1950Tということになる。

そして面白いのが、この2本、佐倉で接続をするということ。都営車に「特急」の設定があることで実現したものであるが、佐倉駅の緩急接続における優等列車側のほぼ全てが京成車であることを踏まえると、この佐倉駅での5300形同士の緩急接続はかなり違和感たっぷりな光景ではなかろうかと思うのだが、いかがだろうか(^^ゞ

なお、2006年12月の改正で両列車とも消滅、都の自局線から遠く離れた佐倉駅での並びもひとまずは見納めになっている。

東京都交通局珍列車