KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2007.09.18

ついにこの日がやってきた?!

N06715.jpg
▲ようやく見られた新1000形ステンレス車の高砂行

・・・と言っていいのかはよく分からないが、昨年度末の営業運転開始以来長らく線内のみの運用で大切に(?)扱われてきた京急新1000形ステンレス車、1073編成が本日は67Hに充当、都営浅草線と京成線への初入線を果たした。

1073編成は新1000形の形式を名乗るものの、見た目も足回りも従来のものとは別物、もはや別形式と言っても過言ではないぐらいで、こうなってくるといわゆる誘導障害が大丈夫なのかということが気にされ始めるが、そんなの関係ねぇ!と言わんばかりに本日は京成線まで3往復の運転、おそらく大丈夫なのであろう。

N06702.jpg
▲京成線内ならではの「普通」三崎口行

京急の車両運用において8連の場合、都営線直通の運用を避けるということになると朝夕のラッシュのみ、もしくは2100形の代走でしか走れないことになってしまう。これが今までの1073編成の扱いだったわけで、直通用車両として製造された1073編成においては不満足な状態だったことになる。これからは他の新1000形と同様の扱いになると思われ、青砥や高砂はもちろんのことさらには北総線方面へ頻繁に顔を出すことになるんじゃないだろうか。

関連記事

京急新1000形6両編成 登場

京急では2002年より新1000形を導入しているが、このほど新1000形としては初めてとなる6両編成が登場した。1301編成が4月25日より、1307編成が5月2日より運用に入っている。京急に...

京急新1000形6両編成 登場
31T:1137編成 京急車、再び成田へ

珍事、再び。6月3日、31Tに京急新1000形1137編成が充当した。31Tを京急車が代走するのは2月2日以来2度目のことで、今回も所定の都営車のトラブルが原因となっている模様。代走車は...

31T:1137編成 京急車、再び成田へ
31T:1137編成 京急新1000形、約半年ぶりの京成成田入線

京急車が京成本線に帰ってきた。2月2日、31T運行に京急新1000形1137編成が代走で充当した。同日31T運行に充当していた5301編成が車両故障を起こして動けなくなったことが原因の模様で...

31T:1137編成 京急新1000形、約半年ぶりの京成成田入線
祝・羽田空港駅開業10周年

1998年の11月18日に現・羽田空港駅が開業して、今年で10周年。祝!というわけだが、適当な画像が無いんで、4年前の「羽田空港新ターミナルPRラッピング電車」でも掲載してみる...

祝・羽田空港駅開業10周年
LED新1000形、成田へ

今日は寒気の影響で関東の天気は大荒れ...

LED新1000形、成田へ

最新記事

京成3000形「ありがとうシャンシャン」ヘッドマーク

ありがとう、シャンシャン。京成電鉄では、12月より「ありがとうシャンシャン」ヘッドマーク電車を運行している。シャンシャンと言えば上野動物園の人気者のジャイアントパンダだが、中国に返還されることが...

京成3000形「ありがとうシャンシャン」ヘッドマーク
四直珍列車研究 112 - 土休日 20A04

お前、なんで快速なん??? 今回、珍列車としてご紹介するのは、土休日20A04レ快速京成成田行である。2019年10月ダイヤ改正で登場した列車である。快速京成成田行といっても、京成成田は京成線の...

四直珍列車研究 112 - 土休日 20A04
新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2021年)

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。新京成電鉄では、今年も毎年恒例の干支ヘッドマークの掲出を行っている。2021年「丑年」のヘッドマークを掲出しているのは...

新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2021年)
2020年 四直界隈10大ニュース

2020年がまもなく終わろうとしている。というわけで、「2020年四直界隈10大ニュース」と題して2020年に都営浅草線を筆頭とした京成線、京急線、北総線のいわゆる四直界隈で起こったできごとを...

2020年 四直界隈10大ニュース
横須賀・総武快速線 E217帝国崩壊の始まり

E217系、終焉へのカウントダウンが始まる。12月21日、E235系が横須賀・総武快速線で営業運転を開始した。同線はE235系にとって山手線に続く第2の投入線区となり、分割・併合を伴う15両編成...

横須賀・総武快速線 E217帝国崩壊の始まり