KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2007.10.23

N07066.jpg

上毛電気鉄道700形 715編成
2007.10.21/粕川〜膳

▲上電の主力700形。もと京王井の頭線の3000系である

21日、上毛電鉄の大胡車庫にて「頑張るぐんまの中小私鉄フェア2007」が開催されるのに合わせて、上毛電鉄を訪れてみた。本当は小田急の海老名公開へ・・・と思っていたのだが、20日が用事で潰れてしまったのと、いかんせん人の多さにめげて^^ゞ、こちらを選択してみた。まずは上電の主力、700形を見てみよう。

N07013.jpg

上毛電気鉄道700形 712編成・711編成・713編成
2007.10.21/大胡車庫

▲大胡車庫の車両展示にて 700形3並び

上毛電鉄は井の頭線3000系のお古を用いている会社のひとつで、こちらでは700形として運用されているが、本家・井の頭線に劣らずのカラフルな前面の塗装バリエーションが特筆されよう。元々は上電オリジナルのエメラルドグリーン一色だったが、ある頃から編成毎に違う色を塗装し始めたとのこと。8本ある700形が全部違う色になる予定というから、最終的には8色・・・本家の井の頭線が7色だから、ついには本家を超えてしまった! ということになる。

肝心の塗装されている色はというと、ピンクやラベンダーの井の頭線そのものに見える色がある一方、イエローやレッドなど上電オリジナルの色もあってこちらは逆に新鮮である。

N07010.jpg

上毛電気鉄道700形 711編成
2007.10.21/大胡車庫

▲急行吉祥寺・・・大胡車庫ではこんな場面も

最新記事

京急大師線 干支ヘッドマークのない正月

京急大師線の少し寂しいお正月。1899年1月に開業した大師電気鉄道に始まり、現在も川崎大師への参拝の足として親しまれている京急大師線。2022年正月、そんな大師線に異変が生じている。毎年恒例の...

京急大師線 干支ヘッドマークのない正月
新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。新京成電鉄では、今年も毎年恒例の干支ヘッドマークの掲出を行った。今年で14年目となるヘッドマークの干支は「寅」。干支...

新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)
北総7800形7838編成 登場

北総7800形にまさかの4本目の編成が登場。12月中旬より北総7800形7838編成が登場している。同編成はこれまでの7800形と同じく京成3700形のリース車両で、車両番号の変更は次の通り...

北総7800形7838編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更

京成3050形3054編成と3055編成、京成カラーになる。12月上旬より京成3050形3054編成と3055編成がオレンジ色のアクセス線カラーから赤と青の京成カラーに変更され、運用に入っている...

京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更
2021年 四直界隈10大ニュース

2021年がまもなく終わろうとしている。というわけで、「2021年四直界隈10大ニュース」と題して2021年に都営浅草線を筆頭とした京成線、京急線、北総線のいわゆる四直界隈で起こったできごとを...

2021年 四直界隈10大ニュース

鉄道その他撮影会