KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2007.10.29

近代化遺産・デハ101号、走る。

N07067.jpg

上毛電気鉄道 デハ101
2007.10.21/粕川〜膳

▲イベントに合わせて特別運行を行なうデハ101

先日の群馬の中小私鉄によるイベントでは、同日に桐生市の「近代化遺産の日」制定記念事業に関するイベントがあわせて催されたこともあって、近代化遺産に指定されているデハ101号の特別運行が実施された。中央前橋~西桐生を午前と午後にそれぞれ1往復、あわせて2往復が運転された。

せっかくの機会だから、撮るだけでなく乗ってみようと思い、実際に乗ってみたのだが、これが予想に反してすごい混雑で・・・地元の人が多かったように思うが、関心の高さが伺えた。地方私鉄のイベント列車だからとタカをくくっていたのは反省しなけばなるまい。

N07064.jpg

上毛電気鉄道 デハ101
2007.10.21/大胡〜樋越

▲有形登録文化財の荒砥川橋梁を行く

画像を見ていただくとお分かりいただけると思うが、デハ101号は方向幕を装備しており、方向幕による行先の表示も可能であったが、近代化遺産の日ということもあってか、"パタサボ"による行先の表示を行なった。こういった演出は非常によかったと思う。

上毛電気鉄道 デハ101
2007.10.21/**

▲サボ、社紋、車番

デハ101号だけでなく、上毛電鉄大胡駅付近の文化財群も魅力的で、"古き良き"を体感するにはもってこいの私鉄である。

最新記事

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b

ヤツは時刻表に2回現れる。土休日1846bレは、京成本線を走る珍列車である。この列車の面白さは時刻表に表れている。まずは京成時刻表を確認してみよう。時刻表で1846bレを探すと2本の列車が...

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b
京急大師線 干支ヘッドマークのない正月

京急大師線の少し寂しいお正月。1899年1月に開業した大師電気鉄道に始まり、現在も川崎大師への参拝の足として親しまれている京急大師線。2022年正月、そんな大師線に異変が生じている。毎年恒例の...

京急大師線 干支ヘッドマークのない正月
新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。新京成電鉄では、今年も毎年恒例の干支ヘッドマークの掲出を行った。今年で14年目となるヘッドマークの干支は「寅」。干支...

新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)
北総7800形7838編成 登場

北総7800形にまさかの4本目の編成が登場。12月中旬より北総7800形7838編成が登場している。同編成はこれまでの7800形と同じく京成3700形のリース車両で、車両番号の変更は次の通り...

北総7800形7838編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更

京成3050形3054編成と3055編成、京成カラーになる。12月上旬より京成3050形3054編成と3055編成がオレンジ色のアクセス線カラーから赤と青の京成カラーに変更され、運用に入っている...

京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更

鉄道その他イベント列車