KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2007.12.11

駄記帳のほうで京成パンダに触れたので、こちらでも。

今年の3月18日からPASMOがスタートしたが、PASMOのサービスの一つであるオートチャージサービスを受ける際に必要となるのが各事業者が発行するクレジットカードで、京成の場合、このクレジットカードが「Keisei Card」となる。これをPRするため、3月16日より3020編成の車体広告車がお目見えした。京成初の車体広告車である。

▲広告電車となった3020編成

宣伝キャラクターを用意し、車体広告も実施。順調に事が進んでいたかのように思われたが、思わぬトラブルが起きてしまう。PASMOが予想以上に好調の故、在庫を切らして販売数を規制、これを受けて3020編成の車体広告は4月13日で急遽解除されている。車体広告車は1ヶ月も満たないうちに終了してしまった。

ところが、この車体広告車のハナシには続きがある。

▲2つ並んだ車いすマーク

車体広告を実施する際、広告によって隠れてしまう車いすマークを戸袋上部に新しく貼付しているが、広告解除の際、新たに貼り付けたほうの車いすマークはなぜか剥がされず、3020編成はしばらく間、車いすマークが2つ貼られた状態という珍現象が起きていたわけだ。今はもう通常の状態に戻っていると思うが、お気づきになられたであろうか(笑)

最新記事

京成3500形 デジタルSR無線対応工事始まる

列車無線のデジタル化に新しい動き。2017年度より列車無線の更新を実施している京成電鉄。4月には新しい無線となるデジタルSR無線の運用が始まったところである。車両に対する改造工事は3000形や...

京成3500形 デジタルSR無線対応工事始まる
京成電鉄「2021年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

11月4日、京成電鉄は2021年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。例年は5月中旬頃に発表されている京成の鉄道事業設備投資計画だが、今年度も昨年度に...

京成電鉄「2021年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京成3100形3155編成・3156編成 登場

9月下旬より、京成3100形の3次車にあたる3155編成と3156編成がお目見えしている。3次車の特徴と営業運転開始までの動きをまとめておこう。京成電鉄では、2021年度の新造車として3100形...

京成3100形3155編成・3156編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 成田スカイアクセス線仕様のまま本線転用

京成3050形に異変。9月下旬より今年度新造の3100形が営業運転を開始したのに伴い、3050形が成田スカイアクセス線から京成本線に転用されている。3156編成の導入により3054編成が10月...

京成3050形3054編成・3055編成 成田スカイアクセス線仕様のまま本線転用
京成3500形3520編成 営業運転終了

京成3500形に廃車が発生。3100形3155編成の導入に伴い、車両に動きが生じている。3500形3520編成が11日の(B21→)05運行をもって営業運転を離脱。いっしょに編成を組んでいた...

京成3500形3520編成 営業運転終了