KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2008.01.03

正月恒例の箱根駅伝対応。

N08062.jpg

北総7300形 7308編成
2008.1.3/新馬場

▲1020N:7308編成、急行京急川崎行

京急の箱根駅伝対応による京急川崎行への行先変更。毎年恒例となっていながら、これまで大した記録をしてこなかったが、京急蒲田駅付近の高架化工事が進めばこの運用変更の措置も数年後には見られなくなるだろうということで、今年は本腰を入れて撮影に出かけてみた。

N08065.jpg

京成3500形 3532編成
2008.1.3/新馬場

▲1066K:3532編成、快特京急川崎行

京急川崎行への行先変更は、1020Nから1124Tまでの7本で実施された。一応、充当車両を記録しておくと、以下の通りである。

  • 1020N:7308編成
  • 1067K:3532編成
  • 1128N:9108編成
  • 1112T:5317編成
  • 1124N:7268編成
  • 1150K:3868編成
  • 1124T:5323編成

また、横浜方面からの羽田空港行特急の京急川崎駅における分割も中止しており、空港線は駅伝通過時間帯、線内のみの普通列車が運転された。この普通列車に充当された3本は以下の通り。

  • 1041編成
  • 2031編成
  • 1017編成

というわけで、今年の運用変更は充当車種がばらけていたので、撮影する側としては願ったり叶ったりであった。特に、今年一番の注目は7268編成であろう。

N08074.jpg

北総7260形 7268編成
2008.1.3/新馬場

▲1124N:7268編成、急行京急川崎行

実は、今年は本腰を入れて撮ろうと思った理由の一つがこれだったりする。7260形については土休日ダイヤはお休みというのが原則であったが、昨年初秋より土休日に走るという例が少なからず見受けられ、もしかしたら・・・と思ったわけである。予感は予想以上に的中し、運用変更の対象である25Nに充当、この先再び見られるとも分からない7260形の京急川崎行を捉えることができた。

最新記事

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

今年も大型連休が終わり、鉄道各社から今年度における設備投資計画が発表される季節がやってきた。京成電鉄でも17日の夕方に発表があったところなので、これを読んで今後の動きを探ってみよう。まず、この...

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化