KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2008.01.14

N08177.jpg

▲1発目の特急元町・中華街行。台形の特大HMを掲出して登場

N08186.jpg

▲特急元住吉行。渋谷方は丸型のヘッドマーク

13日、東横線の8000系が引退するということで、「8000系さよなら運転」を実施。昨年7月の「リバイバル急行」に引き続いて追っかけてみた。

今回のさよなら運転では全ての列車が「特急」として運転されたが、これは2001年3月改正で登場した"東横特急"の記念すべき一番列車に充当されたのがこの8017Fということだからだそう。そういうこともあって、登場時の「特急」を再現しており、急行灯の点灯のほか、前面の行先は方向幕に交換した上、オレンジ一色の旧デザインタイプのコマを加刷して表示させていた。方向幕はみなとみらい線開業時に新デザインタイプに移行しており、本来あり得ない旧デザインの「特急元町・中華街」には思わずニヤリ。このこだわりよう、やはり主催者には本当に頭が下がる思いである。また、運行の都合上、列車は元住吉で区切られており、このため史上初の「特急元住吉行」が運転されている。

N08207.jpg

▲最後の特急元町・中華街行

N08215.jpg

▲ラストの元住吉行はまたまた正面狙いで

最新記事

京成3500形 デジタルSR無線対応工事始まる

列車無線のデジタル化に新しい動き。2017年度より列車無線の更新を実施している京成電鉄。4月には新しい無線となるデジタルSR無線の運用が始まったところである。車両に対する改造工事は3000形や...

京成3500形 デジタルSR無線対応工事始まる
京成電鉄「2021年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

11月4日、京成電鉄は2021年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。例年は5月中旬頃に発表されている京成の鉄道事業設備投資計画だが、今年度も昨年度に...

京成電鉄「2021年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京成3100形3155編成・3156編成 登場

9月下旬より、京成3100形の3次車にあたる3155編成と3156編成がお目見えしている。3次車の特徴と営業運転開始までの動きをまとめておこう。京成電鉄では、2021年度の新造車として3100形...

京成3100形3155編成・3156編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 成田スカイアクセス線仕様のまま本線転用

京成3050形に異変。9月下旬より今年度新造の3100形が営業運転を開始したのに伴い、3050形が成田スカイアクセス線から京成本線に転用されている。3156編成の導入により3054編成が10月...

京成3050形3054編成・3055編成 成田スカイアクセス線仕様のまま本線転用
京成3500形3520編成 営業運転終了

京成3500形に廃車が発生。3100形3155編成の導入に伴い、車両に動きが生じている。3500形3520編成が11日の(B21→)05運行をもって営業運転を離脱。いっしょに編成を組んでいた...

京成3500形3520編成 営業運転終了