KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2008.01.14

N08177.jpg

▲1発目の特急元町・中華街行。台形の特大HMを掲出して登場

N08186.jpg

▲特急元住吉行。渋谷方は丸型のヘッドマーク

13日、東横線の8000系が引退するということで、「8000系さよなら運転」を実施。昨年7月の「リバイバル急行」に引き続いて追っかけてみた。

今回のさよなら運転では全ての列車が「特急」として運転されたが、これは2001年3月改正で登場した"東横特急"の記念すべき一番列車に充当されたのがこの8017Fということだからだそう。そういうこともあって、登場時の「特急」を再現しており、急行灯の点灯のほか、前面の行先は方向幕に交換した上、オレンジ一色の旧デザインタイプのコマを加刷して表示させていた。方向幕はみなとみらい線開業時に新デザインタイプに移行しており、本来あり得ない旧デザインの「特急元町・中華街」には思わずニヤリ。このこだわりよう、やはり主催者には本当に頭が下がる思いである。また、運行の都合上、列車は元住吉で区切られており、このため史上初の「特急元住吉行」が運転されている。

N08207.jpg

▲最後の特急元町・中華街行

N08215.jpg

▲ラストの元住吉行はまたまた正面狙いで

最新記事

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

今年も大型連休が終わり、鉄道各社から今年度における設備投資計画が発表される季節がやってきた。京成電鉄でも17日の夕方に発表があったところなので、これを読んで今後の動きを探ってみよう。まず、この...

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化