KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2008.01.22

ある撮影地で一緒になった方とお話させていただいたときに知ったのだが、最近、京急の広報物において「京浜急行」ではなく、「京急電鉄」を使用する向きにあるようである。公式Webサイトの報道発表資料においても9月末ごろより「京急電鉄」の呼称を用いており、この頃から「京急電鉄」の名称が使われ始めたものとみられる。最近、「東京急行」も「東急電鉄」になったが、これと同様の流れだろう。

▲元来のロゴ、独特な斜体文字で「京浜急行」

▲新しくお目見えし始めている「京急電鉄」ロゴ

ステンレスの新1000形も2編成目が登場し、創立110周年の節目にして、"赤い電車に白い帯の京浜急行"から徐々に変わりつつある。

◆ ◆ ◆

・・・と、ここで記事を〆ようとしたが、創立110周年関連でビックニュース。1000形4連×1本・6連×1本がそれぞれ往年の塗装を模したラッピング電車になるそうである。2月末から運行開始、こりゃあ楽しみである。

最新記事

まだまだ頑張る京成3500形更新車

まだまだ頑張る京成3500形更新車。京成では現在3100形の導入と、3600形と3400形の廃車が進められていることは車両の動きでもお伝えしているとおりである。そんな3600形や3400形を...

まだまだ頑張る京成3500形更新車
都営浅草線 5500形導入と5300形の置換え状況

増える5500形、減る5300形。東京都交通局では2017年度より浅草線に5500形を導入している。5500形は2018年6月の営業運転開始以降、順次導入が続けられ、現在は22編成が運用入り...

都営浅草線 5500形導入と5300形の置換え状況
京成線 終電繰上げと始発繰下げに伴うダイヤ変更

3月27日、京成線では新型コロナウイルス感染症の流行による深夜の鉄道利用の減少と、夜間の保守作業の時間確保を目的としたダイヤ変更を実施した。終電の繰上げと始発の繰下げが主な内容となっているが...

京成線 終電繰上げと始発繰下げに伴うダイヤ変更
京成グループ 車両の動き(2020年度)

年度末ということで、京成グループにおける2020年度の車両の動きをまとめてみよう。2020年度、京成電鉄は3100形8両編成2本を導入した。2本はいずれも成田スカイアクセス線仕様の3150番台で...

京成グループ 車両の動き(2020年度)
四直珍列車研究 113 - 平日 2361K

29年間、おつかれさま。平日2361Kレは、西馬込始発通勤特急京成佐倉行である。京成本線の下り終電として走る同列車だが、3月27日に実施される終電繰上げ・始発繰下げに伴うダイヤ変更により運転を...

四直珍列車研究 113 - 平日 2361K

京急タグはありません