KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2008.01.30

あけましておめでとうございます。2008年もよろしくおねがいいたします。

▲今年もヘッドマークが2種類

ってことで、遅ればせながら京急大師線のヘッドマーク電車の撮影に行ってきた。毎年恒例となっている京急大師線の干支ヘッドマークだが、昨年と同じく今年もデザインの異なった2種類のものを掲出。ヘッドマークが2種類、車両も1000形と1500形の2種類で、2^2=4種類の組み合わせが見られるわけだが、私が訪れた19日は車両とヘッドマークが上手い具合にバラけていてくれて、めでたく4種類の組み合わせをゲットすることができた。

N08226.jpg

▲81:1501編成

N08243.jpg

▲83:1341編成

N08224.jpg

▲85:1513編成

N08234.jpg

▲87:1337編成 「京急」が省略された旧幕を装備

ヘッドマーク掲出期間中、昨年の梅雨ごろから前面の幌が復活している1321編成なんかも大師線に入ってきているが、この日は残念ながら運用に入っていなかった。

他の鉄道事業者では恒例のヘッドマークがステッカー化されてしまっている例を多々見受けるが、今のところ大師線の干支ヘッドマークに関しては毎年しっかりとしたものが新調されており、ありがたい限りである。とは言え、その先行きもなかなか楽観視できなさそうな情勢。7日には何らかの都合で新1000形1401編成が大師線運用に入るという珍事があったようだが、ヘッドマークステーのない新1000形は当然ヘッドマークなしの姿で運転されていた。将来的に1000形、1500形は大師線から運用撤退するわけで、そういったときにもはや伝統となっている干支ヘッドマークをどうするのか、気になるところであはある。

最新記事

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

今年も大型連休が終わり、鉄道各社から今年度における設備投資計画が発表される季節がやってきた。京成電鉄でも17日の夕方に発表があったところなので、これを読んで今後の動きを探ってみよう。まず、この...

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化