KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2008.02.07

JR東日本によると、2009年秋より特急「成田エクスプレス」を新型車両E259系に置き換えるそうな。2009年と言えば、2010年の成田高速鉄道が開通を翌年に控えた年であり・・・やはりJRとしてもこの成田新線の開通を意識せざるを得ないということだろうか。いずれにせよ何かしらのてこ入れは行なうだろうとは予測していたが、新型車両をぶち込んでくるとは思わなんだ。E259系は新型スカイライナーのライバルになるわけだが、速さで負けていても、新宿や池袋または横浜に直結する利便性で勝負ということになりそう。JR東日本、早くもやる気満々である。

N08356.jpg

JR東日本253系 横クラNe-04編成
2008.1.26/四街道〜物井

▲現行の「成田エクスプレス」用、253系

ところで、ネット上においてE259系はJR北海道の789系に似てるという意見が散見されるが、運転台の窓回りや車体断面等々E653系に似ており、JR東日本発足以降の特急車両の流れを汲んでいるってな感じ。デザイン担当は現行の「成田エクスプレス」を担当し、またE653系も担当しているGKインダストリアルデザインと思われる。現行の253系が登場時に鮮烈な赤を纏って強烈な印象を与えたに対して、E259系は目新しさが無いのがやや残念か。プレスリリースの車両イメージはややラフなものであったが、実車がどんなものに仕上がるか楽しみである。

というわけで、「成田エクスプレス」に新車が登場するわけだが、大本命の新型スカイライナーのデザインもそろそろ気になってくるころである。

N05078.jpg

JR東日本253系 横クラNe-201編成
2007.6.8/物井〜佐倉

▲急行灯点灯(?)、ヘッドライトを上向きにすると上部2灯が点灯する仕組み

最新記事

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

今年も大型連休が終わり、鉄道各社から今年度における設備投資計画が発表される季節がやってきた。京成電鉄でも17日の夕方に発表があったところなので、これを読んで今後の動きを探ってみよう。まず、この...

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

JR東日本新型車両