KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2008.02.07

JR東日本によると、2009年秋より特急「成田エクスプレス」を新型車両E259系に置き換えるそうな。2009年と言えば、2010年の成田高速鉄道が開通を翌年に控えた年であり・・・やはりJRとしてもこの成田新線の開通を意識せざるを得ないということだろうか。いずれにせよ何かしらのてこ入れは行なうだろうとは予測していたが、新型車両をぶち込んでくるとは思わなんだ。E259系は新型スカイライナーのライバルになるわけだが、速さで負けていても、新宿や池袋または横浜に直結する利便性で勝負ということになりそう。JR東日本、早くもやる気満々である。

N08356.jpg
▲現行の「成田エクスプレス」用、253系

ところで、ネット上においてE259系はJR北海道の789系に似てるという意見が散見されるが、運転台の窓回りや車体断面等々E653系に似ており、JR東日本発足以降の特急車両の流れを汲んでいるってな感じ。デザイン担当は現行の「成田エクスプレス」を担当し、またE653系も担当しているGKインダストリアルデザインと思われる。現行の253系が登場時に鮮烈な赤を纏って強烈な印象を与えたに対して、E259系は目新しさが無いのがやや残念か。プレスリリースの車両イメージはややラフなものであったが、実車がどんなものに仕上がるか楽しみである。

というわけで、「成田エクスプレス」に新車が登場するわけだが、大本命の新型スカイライナーのデザインもそろそろ気になってくるころである。

N05078.jpg
▲急行灯点灯(?)、ヘッドライトを上向きにすると上部2灯が点灯する仕組み

最新記事

夜行快速「ムーンライトながら」の思い出

さようなら、ムーンライトながら。1月22日、JR東海は春の臨時列車の運転計画の中で臨時快速「ムーンライトながら」の運転終了を発表した。人々の行動様式の変化による列車の使命の薄れや使用車両の...

夜行快速「ムーンライトながら」の思い出
京急線 神奈川新町駅構内における踏切脱線事故の調査報告書を読む

2月18日、運輸安全委員会は2019年9月5日に発生した京急線神奈川新町駅構内における踏切脱線事故についての調査報告書を公開した。私としてもこの事故がどうして起きてしまったのか気になっていた...

京急線 神奈川新町駅構内における踏切脱線事故の調査報告書を読む
京成AE形 「東京オリンピック・パラリンピック」ラッピング

やるのか、やらないのか。1月下旬より、京成AE形にて「東京オリンピック・パラリンピック」のラッピング電車が走っている。ラッピングの対象となっているのはAE8編成。当該のラッピングについては、京成...

京成AE形 「東京オリンピック・パラリンピック」ラッピング
京急大師線 干支ヘッドマーク(2021年)

京急大師線、毎年恒例の干支ヘッドマーク。京急電鉄では、1月1日より毎年恒例となっている大師線の干支ヘッドマークの掲出を実施した。今年の干支は丑で、大師線を走る1500形に2種類のヘッドマークが...

京急大師線 干支ヘッドマーク(2021年)
京成AE形 臨時シティライナー「成田山開運号」運転(2021年)

5年目に突入した臨時シティライナー「成田山開運号」。京成電鉄では、成田山への多客対応として1月の土休日ダイヤ実施日に臨時シティライナー「成田山開運号」を運転した。2017年に運転が始まった...

京成AE形 臨時シティライナー「成田山開運号」運転(2021年)

JR東日本新型車両