KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2008.02.27

上電でデハ101号を使用した工臨が運転されるということで、はるばる上州まで出かけてきた。天気はまあまあ良かったものの、赤城おろしが肌身に凍みる、う~ん、寒かった・・・。

上電は昨年の秋に引き続いての訪問。前回の訪問時、撮影地で一緒になった方々と色々お話させていただいたときに、ハナシがデハ101号の工臨の話題にも及んで、「ぜひ撮影したいですねぇ」などと難易度の高い課題を残してしまっていたが、今回それがあっけなく達成されてしまった。電鉄側が公式Webサイト上でファン向けに工臨のダイヤを公開してくれたおかげである。本当に感謝。

N08774.jpg

上毛電気鉄道 デハ101+ホキ
2008.2.27/粕川〜膳

▲ホキを連ねて走るデハ101
N08782.jpg

上毛電気鉄道 デハ101+ホキ
2008.2.27/富士山下〜丸山下

▲上電随一の橋りょう、渡良瀬川を渡る
N08824.jpg

上毛電気鉄道 デハ101+ホキ
2008.2.27/新 里

▲新里の側線から本線へ、貨物サボがイイ味出してます

なお、デハ101号は今年9月に検査期限を向かえるにあたって、検査を通すかどうか微妙といった話題が一部報道で挙がっていたが、部品の調達の目処もついたらしく、めでたく検査を通すことになった模様。検査は夏に実施される予定のようで、何事も無ければ秋には検査上がりのデハ101号がお目見えするとのことである。

最新記事

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

今年も大型連休が終わり、鉄道各社から今年度における設備投資計画が発表される季節がやってきた。京成電鉄でも17日の夕方に発表があったところなので、これを読んで今後の動きを探ってみよう。まず、この...

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

鉄道その他工臨