KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2008.03.24

かねてより噂のあった新京成8000形のVVVF化改造、その第一弾となった8510編成が出場した。現在試運転を繰り返しているのでその様子をば。既にネット上にはいくつか動画レポがアップされているが、さすがに画像じゃ音が伝わらないので、何番煎じになるのか知らんがここでも動画でお送りいたしましょう。しかし、VVVF独特の磁励音を発しながら発車するたぬきは違和感あるのぅ・・・。

【※動画準備中】

▲VVVFたぬきとなった8510編成

【※動画準備中】

▲爆音コンプレッサーはそのままの様子

VVVFは三菱製の模様で、新京成としては初めて8800形以来付き合いのある同社製のIGBT-VVVFが採用されている。大掛かりな更新は足回りだけに留まっており、車体は最近の出場車で見られるドアのラインレス化を除いて変化は見られない。また、IR無線及び運番表示装置等の京成乗入れ対応機器類が外されており、営業運転が開始されてもしばらくは線内限定で運用されそうな雰囲気も見せている。

当然、VVVF化は一編成だけに留まらず、数年に渡って何編成かを更新してゆく・・・といった感じになろう。

最新記事

京成線の終電繰り上げと始発繰り下げ 新ダイヤを予想する

新型コロナウイルス感染症の流行による深夜の鉄道利用の減少と、夜間の保守作業の時間確保を目的に、JR東日本を始めとした首都圏の各鉄道事業者では終電の繰り上げがひとつのトレンドになっている。このほど...

京成線の終電繰り上げと始発繰り下げ 新ダイヤを予想する
京成AE形「成田スカイアクセス線開業10周年」ヘッドマーク

祝・成田スカイアクセス線開業10周年。7月に開業10周年を迎えた成田スカイアクセス線。京成電鉄ではこれを記念したさまざまな施策が実施されているところであるが、この一環としてAE形がヘッドマークを...

京成AE形「成田スカイアクセス線開業10周年」ヘッドマーク
京成電鉄「2020年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

11月10日、京成電鉄より2020年度の鉄道事業設備投資計画が発表された。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。例年は5月中旬頃に発表されている京成の鉄道事業設備投資計画だが、今年度は...

京成電鉄「2020年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
四直珍列車研究 111 - 平日 1111T

ある列車で起こったミラクルな話。平日1111Tレはかつて運転されていた羽田空港国内線ターミナル発印旛日本医大行である。日中時間帯に設定されている羽田空港〜北総線系統の一列車にすぎず、見た目的には...

四直珍列車研究 111 - 平日 1111T
山万ユーカリが丘線 路線バス事業の概要

山万ユーカリが丘線、路線バスの運行が始まる。不動産業を営む山万は、自社で開発したニュータウンの中に住民の利便のため鉄道を敷設してしまうという稀有な事業者であることが広く知られている。京成線の...

山万ユーカリが丘線 路線バス事業の概要

新京成電鉄改造 試運転