KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2008.04.04

いつぞやから続いていた名鉄パノラマカー追っかけシリーズの続きをば。こんなに引っ張るつもりは無かったのだが、3月に何度か名古屋に行く機会があったので、その際に撮った写真も一緒にいよいよ走行写真をいってみませふ・・・。

N09481.jpg

名鉄7000系 7009編成
2008.3.27/柏森〜扶桑

▲6両編成のパノラマカー、通称"P6"

パノラマカーを追っかけるとすると、本線から支線まで多岐にわたる直通運転や、増解結の多い名鉄の運用に難儀するわけだが、一見するとものすごく複雑な名鉄の運用、実は車種ごとに運用がある程度決まっており、特定の車種なら比較的簡単に追っかけることができる(増解結が多いゆえ車種を固定しないと連結できない場合が発生、特定の編成となると運用範囲が広いため逆に困難となる)。

お馴染みの顔を持つパノラマカーは現在4連(P4)と6連(P6)が運用されているが、P6は5700系の6連(SR6)と共通のS6というグループで運用が組まれており、多少の事前調査をしないと、パノラマカーを狙ったつもりが5700系が来てガッカリ・・・という事態が発生するかもしれないのでちと注意。

N08995.jpg

名鉄7000系 7009編成
2008.3.12/上小田井〜西春

▲犬山線を上る7009編成
N03874.jpg

名鉄7000系 7007編成
2007.4.10/犬山遊園〜新鵜沼

▲かつて併用軌道だった犬山橋を行く

さて、パノラマカーは2010年度末までに全廃という発表があったが、P6に限ってはそれよりも早く姿を消してしまうことになりそうで、いくつかの鉄道趣味誌によると5000系の導入によってP6は今秋までとのこと。早くもそれに向けての動きがあり、3月30日には一部の運用が5000系に置き換えられてしまった。一昨年の夏からしばしば名古屋を訪れてパノラマカーの撮影をしているものの、それでも遅すぎたんだと今更になって痛感するばかりである。

最新記事

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化
京急600形 大師線を走る

京急大師線の新たな日常風景。京急電鉄では2020年度よりL/C座席を装備した新型車両1000形1890番台を導入し、1500形4両編成を置き換えているところである。1500形はこれまでに...

京急600形 大師線を走る