KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2008.04.04

いつぞやから続いていた名鉄パノラマカー追っかけシリーズの続きをば。こんなに引っ張るつもりは無かったのだが、3月に何度か名古屋に行く機会があったので、その際に撮った写真も一緒にいよいよ走行写真をいってみませふ・・・。

N09481.jpg
▲6両編成のパノラマカー、通称"P6"

パノラマカーを追っかけるとすると、本線から支線まで多岐にわたる直通運転や、増解結の多い名鉄の運用に難儀するわけだが、一見するとものすごく複雑な名鉄の運用、実は車種ごとに運用がある程度決まっており、特定の車種なら比較的簡単に追っかけることができる(増解結が多いゆえ車種を固定しないと連結できない場合が発生、特定の編成となると運用範囲が広いため逆に困難となる)。

お馴染みの顔を持つパノラマカーは現在4連(P4)と6連(P6)が運用されているが、P6は5700系の6連(SR6)と共通のS6というグループで運用が組まれており、多少の事前調査をしないと、パノラマカーを狙ったつもりが5700系が来てガッカリ・・・という事態が発生するかもしれないのでちと注意。

N08995.jpg
▲犬山線を上る7009編成
N03874.jpg
▲かつて併用軌道だった犬山橋を行く

さて、パノラマカーは2010年度末までに全廃という発表があったが、P6に限ってはそれよりも早く姿を消してしまうことになりそうで、いくつかの鉄道趣味誌によると5000系の導入によってP6は今秋までとのこと。早くもそれに向けての動きがあり、3月30日には一部の運用が5000系に置き換えられてしまった。一昨年の夏からしばしば名古屋を訪れてパノラマカーの撮影をしているものの、それでも遅すぎたんだと今更になって痛感するばかりである。

最新記事

夜行快速「ムーンライトながら」の思い出

さようなら、ムーンライトながら。1月22日、JR東海は春の臨時列車の運転計画の中で臨時快速「ムーンライトながら」の運転終了を発表した。人々の行動様式の変化による列車の使命の薄れや使用車両の...

夜行快速「ムーンライトながら」の思い出
京急線 神奈川新町駅構内における踏切脱線事故の調査報告書を読む

2月18日、運輸安全委員会は2019年9月5日に発生した京急線神奈川新町駅構内における踏切脱線事故についての調査報告書を公開した。私としてもこの事故がどうして起きてしまったのか気になっていた...

京急線 神奈川新町駅構内における踏切脱線事故の調査報告書を読む
京成AE形 「東京オリンピック・パラリンピック」ラッピング

やるのか、やらないのか。1月下旬より、京成AE形にて「東京オリンピック・パラリンピック」のラッピング電車が走っている。ラッピングの対象となっているのはAE8編成。当該のラッピングについては、京成...

京成AE形 「東京オリンピック・パラリンピック」ラッピング
京急大師線 干支ヘッドマーク(2021年)

京急大師線、毎年恒例の干支ヘッドマーク。京急電鉄では、1月1日より毎年恒例となっている大師線の干支ヘッドマークの掲出を実施した。今年の干支は丑で、大師線を走る1500形に2種類のヘッドマークが...

京急大師線 干支ヘッドマーク(2021年)
京成AE形 臨時シティライナー「成田山開運号」運転(2021年)

5年目に突入した臨時シティライナー「成田山開運号」。京成電鉄では、成田山への多客対応として1月の土休日ダイヤ実施日に臨時シティライナー「成田山開運号」を運転した。2017年に運転が始まった...

京成AE形 臨時シティライナー「成田山開運号」運転(2021年)