KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2008.04.30

さて、引き続き7000系P6の話題。前回のパノラマカーの記事以後の報道によると、来たる6月28日のダイヤ改正で12両(4連3本)まで減らす計画とのこと。現在42両が在籍しているパノラマカーだが、一気に30両の削減となるようだ。また、当初発表では2010年引退としていたが、別の報道では2009年度の早い時期に全廃という話も挙がっており、この通りになるのならば、P6は夏まで、そしてパノラマカーとしても既に残すところ1年を切ってしまっていることになる。

N09065.jpg
▲本線を走り抜ける快急豊橋行

前回のパノラマカーの記事でも触れたが、5月末に一部運用の置換えが発生し、P6の一部の運用、特に本線の優等運用がことごとく5000系担当となってしまった。京急1000形のように古参車ながら本線を優等列車で走る姿がイイのであるが、それも徐々に見られなくなってきている。とうの昔に主役は譲っているものの、ここに来てさらに脇役へ脇役へと追いやられてしまうのはやはり名車だろうと古参車の宿命だろうか。なんとも残念な限りである。特に豊橋乗入れは土休日夜の一往復を残すのみとなっている。

N06316.jpg
▲上の快急の折り返し、急行岐阜行

最新記事

京成3600形3688編成 リバイバルカラーの1年

京成3600形3688編成がリバイバルカラーとなってからまもなく1年が経とうとしている。リバイバルカラーの1周年を記念して、3688編成のこの1年の動きを振り返ってみよう。3688編成が...

京成3600形3688編成 リバイバルカラーの1年
京急1000形 さようなら「ドレミファインバーター」

さようなら、「ドレミファインバーター」。7月20日、京急1000形1033編成が更新工事前の運行を終了した。同編成は2100形より採用されたドイツ・シーメンス製のGTO-VVVFインバーターを...

京急1000形 さようなら「ドレミファインバーター」
京成線 京成トラベルサービス主催の鉄道ファン向けツアーまとめ

京成トラベルサービスが主催する鉄道ファン向けのツアーをまとめてみた。京成電鉄と京成トラベルサービスでは、京成トラベルサービス主催・京成電鉄後援という格好で鉄道ファン向けのツアーを開催している...

京成線 京成トラベルサービス主催の鉄道ファン向けツアーまとめ
京成3000形「ふたごの赤ちゃんパンダ誕生」ヘッドマーク

赤ちゃんパンダ、お誕生おめでとう。京成電鉄では、6月末より「ふたごの赤ちゃんパンダ誕生」ヘッドマーク電車を運行している。これは、6月23日に上野動物園のジャイアントパンダであるリーリーとシンシン...

京成3000形「ふたごの赤ちゃんパンダ誕生」ヘッドマーク
四直珍列車研究 115 - 土休日 2373K

2ヶ月間だけ走った浅草橋行。京成車編。新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い政府より1月8日に発出された2回目の緊急事態宣言では、夜間の外出抑制のため各線で終電の繰上げが実施されることになった...

四直珍列車研究 115 - 土休日 2373K