KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2008.04.30

さて、引き続き7000系P6の話題。前回のパノラマカーの記事以後の報道によると、来たる6月28日のダイヤ改正で12両(4連3本)まで減らす計画とのこと。現在42両が在籍しているパノラマカーだが、一気に30両の削減となるようだ。また、当初発表では2010年引退としていたが、別の報道では2009年度の早い時期に全廃という話も挙がっており、この通りになるのならば、P6は夏まで、そしてパノラマカーとしても既に残すところ1年を切ってしまっていることになる。

N09065.jpg

名鉄7000系 7009編成
2008.3.13/島氏永〜国府宮

▲本線を走り抜ける快急豊橋行

前回のパノラマカーの記事でも触れたが、5月末に一部運用の置換えが発生し、P6の一部の運用、特に本線の優等運用がことごとく5000系担当となってしまった。京急1000形のように古参車ながら本線を優等列車で走る姿がイイのであるが、それも徐々に見られなくなってきている。とうの昔に主役は譲っているものの、ここに来てさらに脇役へ脇役へと追いやられてしまうのはやはり名車だろうと古参車の宿命だろうか。なんとも残念な限りである。特に豊橋乗入れは土休日夜の一往復を残すのみとなっている。

N06316.jpg

名鉄7000系 7007編成
2007.8.30/名電長沢〜本宿

▲上の快急の折り返し、急行岐阜行

最新記事

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b

ヤツは時刻表に2回現れる。土休日1846bレは、京成本線を走る珍列車である。この列車の面白さは時刻表に表れている。まずは京成時刻表を確認してみよう。時刻表で1846bレを探すと2本の列車が...

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b
京急大師線 干支ヘッドマークのない正月

京急大師線の少し寂しいお正月。1899年1月に開業した大師電気鉄道に始まり、現在も川崎大師への参拝の足として親しまれている京急大師線。2022年正月、そんな大師線に異変が生じている。毎年恒例の...

京急大師線 干支ヘッドマークのない正月
新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。新京成電鉄では、今年も毎年恒例の干支ヘッドマークの掲出を行った。今年で14年目となるヘッドマークの干支は「寅」。干支...

新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)
北総7800形7838編成 登場

北総7800形にまさかの4本目の編成が登場。12月中旬より北総7800形7838編成が登場している。同編成はこれまでの7800形と同じく京成3700形のリース車両で、車両番号の変更は次の通り...

北総7800形7838編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更

京成3050形3054編成と3055編成、京成カラーになる。12月上旬より京成3050形3054編成と3055編成がオレンジ色のアクセス線カラーから赤と青の京成カラーに変更され、運用に入っている...

京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更