KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2008.04.23

4月9日の記事で、"東の成田新高速・西の阪神なんば線"なんていうコメントをいただいたので、昨年秋に訪れた阪神西大阪線の様子をば。

阪神西大阪線は2009年春に難波延伸、そして近鉄との相互直通を予定しており、三宮から大阪ミナミの中心地・難波を経て奈良を結ぶ大動脈が形成される。路線名も「阪神なんば線」と改称することが決まっており、現在の西大阪線はまさに大激変の直前にある状態と言えよう。

N07152.jpg
▲片扉の7861形-7961形 工事たけなわの尼崎~大物を行く
N07167.jpg
▲残り1ユニットとなっている7801形-7901形 方向看板を用いる

さて、将来の大動脈も現在は阪神の一支線。大阪環状線の西九条まで繋がっているものの、西九条が大阪都心から離れているため、西大阪線はローカル色満点で、本線直通の列車も無く、4両編成の列車が行ったり来たりしているだけの路線となっている。大概の場合、支線ってのは古い車両が余生を過ごす場となることが多いが、ここも多分に漏れず、本線で活躍していた古い赤胴車が見られる。上の画像の7861形-7961形と7801形-7901形がそれ。第一線でまだまだ活躍する古参もいいが、こういったローカル線をのんびり走る古い車両も実に味わい深ひ。

当然ながらこれらの車両、なんば線が開通するとお役御免となってしまう。既に直通用の1000系の登場で、廃車が進行している最中。西大阪線で見られるのは7861形-7961形と7801形-7901形のそれぞれ1ユニットのみとなってしまった模様。ローカル色の濃い現在の西大阪線を記録したいならば、今がもう最後のチャンスと言えるところまで来てしまっている。

◆ ◆ ◆

余談ながら、この残った1ユニット同士の連結で4両を組成しているようで、両扉+片扉というなんとも濃い編成が見られる模様。西大阪線の記録ついでに撮影したいのではあるが、関東の人間にとってはなかなかハードルが高く・・・^^ゞ

阪神タグはありません