KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2008.05.22

インターネットの普及で、イベント情報だけでなく、ある車両にヘッドマークを掲出するなどといったものまで、鉄道事業者からの公式情報が自宅にいながら入手できるようになったが、稀に予告なくしてヘッドマーク等の装飾が実施されることがある。最近では、東急東横線における8000系引退に伴って、元日及び1月2日に突如装飾及び終日運行への充当(厳密には夕方で車両交換)が実施され話題を呼んだが、1号線系統でも比較的最近、予告なしでヘッドマークの掲出が実施された例がある。2年前の2006年4月1日、59H:1707編成である。

N00926.jpg
▲四直15周年HMの特別バージョン掲出した1707編成

ちょうどこの頃、北総線の都心直通から15周年、すなわち四社局による直通運転開始から15周年ということで、各社局の直通車両数編成に丸型のヘッドマーク掲出が実施されていたが、1707編成が4月1日限定で、サボ受けを使用した特別バージョンを掲出して走った。四直15周年ヘッドマーク掲出のプレスリリースは実施されたが、その中で特別バージョンは図柄が公開されただけだったのである。

数ある運用のうち、59Hでこのようなヘッドマークが掲出されたのは、この59Hが京急線から浅草線・京成線を介して北総線まで至る、四社局を一気に走り抜ける運用だからかと思われる。事実、特別バージョンのヘッドマークが掲出されたのは、59Hの中でもさらに1059Hから1558H(羽田~印旛間を走る列車)に限定されていた。

060401-N00951.jpg
▲1558H@四ツ木 順光で撮れることもあって大勢の撮影者が集まった

余談ながら、私はこの日の夜から5日間の関西・九州旅行を計画していたのだが、特別ヘッドマーク掲出の情報を得て、急遽予定より早く家を出たのだった。んでもって、59H:1707編成を一日中追っかけ回し、旅行へ行く前から既にヘトヘトになってしまったのもいい思い出である。