KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2008.05.30

EF65 535号機、大宮公開+α。

N09980.jpg

JR貨物 高崎機関区 EF65 535号機
2008.5.24/大宮車両所

▲すっぴん状態のEF65 535

24日の大宮の展示では、ほとんどの時間でヘッドマークが掲出されていたが、何も付いていないすっぴん状態も見られた。上の写真は終了間際のものであるが、13時ごろにヘッドマークの付け替えを行った際のわずかな間にもすっぴん状態になった模様で、やや天気の条件が悪かったものの、最後の最後にきちっとした形式写真を撮影することができてよかったのではないだろーか。大宮の展示を無事に終えた535号機は30日の朝に高崎へと戻ったようだが、今後同機の処遇はどうなるのであろうか。

◆ ◆ ◆

EF65 535、実は1度だけ現役時代に撮影したことがある。それは、丁度1年前のこの時期であった。

N04975.jpg

JR貨物 高崎機関区 EF65 535号機
2007.5.31/物井〜佐倉

▲モノサクを行くEF65 535

EF65 535牽引の貨物列車が走るっていうんで、某釜好き2氏に連れられて撮影したのが個人的には唯一の535の走行写真となった。機関車の後ろに黄色のタキが数両くっついているが、この列車にこのタキが連結されているのは大当たりだとか・・・調べてみると鹿島常駐の貨車を廃車にするために連結とのことで・・・思わぬところで運を使ってしまったってのはこのことである。

最新記事

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

今年も大型連休が終わり、鉄道各社から今年度における設備投資計画が発表される季節がやってきた。京成電鉄でも17日の夕方に発表があったところなので、これを読んで今後の動きを探ってみよう。まず、この...

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化