KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2008.06.03

N02521.jpg

都営5300形 5317編成
2006.9.22/六 浦

▲都営車で見られる唯一の新逗子行
  • [平日]840T 特急新逗子
  • 始発:金沢文庫812 → 終着:新逗子824
  • ダイヤ:2002.10.12改正
  • 備考:ー

近年のダイヤでは京急蒲田以南を走る都営車自体が珍しくなっているが、その中でも特にレアなのがこの840Tであろう。金沢文庫始発、特急新逗子行である。現在、都営車唯一の新逗子行となっており、折り返しが特急であるため、京急線の末端部で見られる全駅停車の特急となっている点も特筆される。

1999年7月改正以前においては、都営車も逗子線系統の急行に入ることがまま見られたため、逗子線への乗入れ機会も多々あったようだが、都営車も特急・快特として三崎口まで入るようになってからは、逗子線に入る運用がめっきり少なくなってしまった。

なお、列番ついては2002年10月改正から840Tとなっており、それ以前(2001.9改正)は846T、さらに前(2000.7改正)は856Tを名乗っているが、時刻そのものの変更はない。それ以前は・・・残念ながら手元に資料が無いからわからない。

車両運用としては、前日の平日2300Tまたは土休日2336Tから金沢検車区で滞泊の上、使用される。朝ラッシュ時にガンガン出庫していく京急車を横目に、朝ラッシュも終わりかけたころに出てくるわけだが、他所様の車庫に泊めてもらってのんびり出てくるとは、ずいぶんとずうずうしいものである(^^;

最新記事

京成3500形 デジタルSR無線対応工事始まる

列車無線のデジタル化に新しい動き。2017年度より列車無線の更新を実施している京成電鉄。4月には新しい無線となるデジタルSR無線の運用が始まったところである。車両に対する改造工事は3000形や...

京成3500形 デジタルSR無線対応工事始まる
京成電鉄「2021年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

11月4日、京成電鉄は2021年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。例年は5月中旬頃に発表されている京成の鉄道事業設備投資計画だが、今年度も昨年度に...

京成電鉄「2021年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京成3100形3155編成・3156編成 登場

9月下旬より、京成3100形の3次車にあたる3155編成と3156編成がお目見えしている。3次車の特徴と営業運転開始までの動きをまとめておこう。京成電鉄では、2021年度の新造車として3100形...

京成3100形3155編成・3156編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 成田スカイアクセス線仕様のまま本線転用

京成3050形に異変。9月下旬より今年度新造の3100形が営業運転を開始したのに伴い、3050形が成田スカイアクセス線から京成本線に転用されている。3156編成の導入により3054編成が10月...

京成3050形3054編成・3055編成 成田スカイアクセス線仕様のまま本線転用
京成3500形3520編成 営業運転終了

京成3500形に廃車が発生。3100形3155編成の導入に伴い、車両に動きが生じている。3500形3520編成が11日の(B21→)05運行をもって営業運転を離脱。いっしょに編成を組んでいた...

京成3500形3520編成 営業運転終了

東京都交通局珍列車