KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2008.06.27

長らく続けてきたパノラマカーシリーズの最終回。トリはP4重連、やはりこれを外すわけには行くまい。

N09485.jpg
▲P4重連で運転されていた771レ、美合始発の急行新鵜沼行
N06288.jpg
▲朝の名古屋本線を下るP4重連

P4重連は平日朝に一往復設定されており、美合発新鵜沼行の急行771列車、その折り返しの内海行準急884A列車(名古屋から急行、大田川で岐阜方4連解放)が最後のP4重連による定期列車となっていた。乗客にとっちゃあラッシュ時の2扉クロスシート車両ってのは迷惑のほかに何もないって感じなんだろうが、趣味的に見れば堂々の8連でラッシュに参戦するその姿は非常にたまらないわけで、でらカッコええ。また、P4だからブックによる行先表示ってのもポイント高し。ってなわけで、地味な運用が多いP4ではあったが、2本繋げたこの運用はまさに花形運用だった。

N09487.jpg
▲大田川まで重連の準急内海行(名古屋から急行)、884Aレ

◆ ◆ ◆

さて、7000系が4連×3本にまで削減されるダイヤ改正がいよいよ明後日に迫ってきた。名鉄の公式Webサイトでは「ありがとうパノラマカー」と題した特集ページが組まれるなど、さようならムードが色濃くなってきた。

「ありがとうパノラマカー」では29日以降の基本運用表が公開されており、それによるとこのP4重連も今改正であえなく消滅となってしまうようだ。列車自体は残るものの、豊橋方の4連が別の車種(SR4?)になる模様。

運用表を見てみると、やはり「普通」の文字が目立ってしまっているが、例えば上記のP4+別車種4や、P4+別車種2といったように、いくつかは面白い運用が残っている。嗚呼、もういっちょ名古屋に行きたいナァ・・・

(完)

最新記事

京成3600形3688編成 リバイバルカラーの1年

京成3600形3688編成がリバイバルカラーとなってからまもなく1年が経とうとしている。リバイバルカラーの1周年を記念して、3688編成のこの1年の動きを振り返ってみよう。3688編成が...

京成3600形3688編成 リバイバルカラーの1年
京急1000形 さようなら「ドレミファインバーター」

さようなら、「ドレミファインバーター」。7月20日、京急1000形1033編成が更新工事前の運行を終了した。同編成は2100形より採用されたドイツ・シーメンス製のGTO-VVVFインバーターを...

京急1000形 さようなら「ドレミファインバーター」
京成線 京成トラベルサービス主催の鉄道ファン向けツアーまとめ

京成トラベルサービスが主催する鉄道ファン向けのツアーをまとめてみた。京成電鉄と京成トラベルサービスでは、京成トラベルサービス主催・京成電鉄後援という格好で鉄道ファン向けのツアーを開催している...

京成線 京成トラベルサービス主催の鉄道ファン向けツアーまとめ
京成3000形「ふたごの赤ちゃんパンダ誕生」ヘッドマーク

赤ちゃんパンダ、お誕生おめでとう。京成電鉄では、6月末より「ふたごの赤ちゃんパンダ誕生」ヘッドマーク電車を運行している。これは、6月23日に上野動物園のジャイアントパンダであるリーリーとシンシン...

京成3000形「ふたごの赤ちゃんパンダ誕生」ヘッドマーク
四直珍列車研究 115 - 土休日 2373K

2ヶ月間だけ走った浅草橋行。京成車編。新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い政府より1月8日に発出された2回目の緊急事態宣言では、夜間の外出抑制のため各線で終電の繰上げが実施されることになった...

四直珍列車研究 115 - 土休日 2373K