KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2008.06.27

長らく続けてきたパノラマカーシリーズの最終回。トリはP4重連、やはりこれを外すわけには行くまい。

N09485.jpg

名鉄7000系 7025編成+7035編成
2008.3.27/柏森〜扶桑

▲P4重連で運転されていた771レ、美合始発の急行新鵜沼行
N06288.jpg

名鉄7000系 7033編成+7035編成
2007.8.30/本星崎〜本笠寺

▲朝の名古屋本線を下るP4重連

P4重連は平日朝に一往復設定されており、美合発新鵜沼行の急行771列車、その折り返しの内海行準急884A列車(名古屋から急行、大田川で岐阜方4連解放)が最後のP4重連による定期列車となっていた。乗客にとっちゃあラッシュ時の2扉クロスシート車両ってのは迷惑のほかに何もないって感じなんだろうが、趣味的に見れば堂々の8連でラッシュに参戦するその姿は非常にたまらないわけで、でらカッコええ。また、P4だからブックによる行先表示ってのもポイント高し。ってなわけで、地味な運用が多いP4ではあったが、2本繋げたこの運用はまさに花形運用だった。

N09487.jpg

名鉄7000系 7025編成+7035編成
2008.3.27/上小田井〜西春

▲大田川まで重連の準急内海行(名古屋から急行)、884Aレ

◆ ◆ ◆

さて、7000系が4連×3本にまで削減されるダイヤ改正がいよいよ明後日に迫ってきた。名鉄の公式Webサイトでは「ありがとうパノラマカー」と題した特集ページが組まれるなど、さようならムードが色濃くなってきた。

「ありがとうパノラマカー」では29日以降の基本運用表が公開されており、それによるとこのP4重連も今改正であえなく消滅となってしまうようだ。列車自体は残るものの、豊橋方の4連が別の車種(SR4?)になる模様。

運用表を見てみると、やはり「普通」の文字が目立ってしまっているが、例えば上記のP4+別車種4や、P4+別車種2といったように、いくつかは面白い運用が残っている。嗚呼、もういっちょ名古屋に行きたいナァ・・・

(完)

最新記事

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b

ヤツは時刻表に2回現れる。土休日1846bレは、京成本線を走る珍列車である。この列車の面白さは時刻表に表れている。まずは京成時刻表を確認してみよう。時刻表で1846bレを探すと2本の列車が...

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b
京急大師線 干支ヘッドマークのない正月

京急大師線の少し寂しいお正月。1899年1月に開業した大師電気鉄道に始まり、現在も川崎大師への参拝の足として親しまれている京急大師線。2022年正月、そんな大師線に異変が生じている。毎年恒例の...

京急大師線 干支ヘッドマークのない正月
新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。新京成電鉄では、今年も毎年恒例の干支ヘッドマークの掲出を行った。今年で14年目となるヘッドマークの干支は「寅」。干支...

新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)
北総7800形7838編成 登場

北総7800形にまさかの4本目の編成が登場。12月中旬より北総7800形7838編成が登場している。同編成はこれまでの7800形と同じく京成3700形のリース車両で、車両番号の変更は次の通り...

北総7800形7838編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更

京成3050形3054編成と3055編成、京成カラーになる。12月上旬より京成3050形3054編成と3055編成がオレンジ色のアクセス線カラーから赤と青の京成カラーに変更され、運用に入っている...

京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更